コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオドシウス法典 テオドシウスほうてんCodex Theodosianus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオドシウス法典
テオドシウスほうてん
Codex Theodosianus

東ローマ皇帝テオドシウス2世によって編纂され,438年に公布されたローマ法史上初の官撰法令集。バレンチニアヌス3世により西ローマ帝国にも公布され,439年全ローマ帝国に施行された。この法典は混乱していた法源を整理しようとしたテオドシウス2世の計画を部分的に実現したもので,コンスタンチヌス1世以後の勅法が事項別に 16巻に分類,集録され,各巻は年代順に勅法を配列した章に細分されている。『テオドシウス法典』は一部『アラリック王抄典』 (『西ゴート人のためのローマ法』) などにも取入れられて,特に西ローマ帝国で長く行われた。古典期以後ユスチニアヌス帝前のローマ法を知るための重要な法源である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テオドシウスほうてん【テオドシウス法典 Codex Theodosianus】

438年,ローマ帝国皇帝テオドシウス2世により制定公布された公的勅法集成。16巻。ハドリアヌス帝以降の勅法を収録したグレゴリウス法典およびヘルモゲニアヌス法典と呼ばれる3世紀末の私撰の二つの勅法集成にならい,主として実務のために,312年以降発布の一般的効力をもつ勅法を事項ごとに巻・章に分け,それぞれ年代順に収録したもの。その内容の大半は,いくつかの部分的写本および西ゴート族のローマ法典を通して知られているが,私法的規定は比較的少なく公法的なものが多数を占め,当時の政治・社会を知るきわめて重要な資料とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テオドシウス法典
ておどしうすほうてん
Codex Theodosianusラテン語

ローマ皇帝の発した勅法constitutionesを集めた法典の一つ。テオドシウス2世は、高官のアンティオクスを長とする委員会にその編纂(へんさん)を命じて、438年に完成し、帝国全土(東と西双方)に発布した。312年以後の勅法を収める。テーマに従って16巻に分けられ、各巻がさらに章別され、各章は勅法を年代順に並べ、しばしば勅法に短い解説をつける。たとえば、第1巻は国制、高級官職を扱い34章、第2巻は裁判関係で33章、第3巻は家族法で32章、第4巻は財産関係で24章、第5巻は土地法関係で20章、第10巻は財政で26章、第11巻は租税で39章、第12巻は都市参事会員(デクリオネス)関係で19章、第16巻は教会と宗教関係で11章、などである。これ以前、3世紀末にコーデックス・グレゴリアヌスやコーデックス・ヘルモゲニアヌスなどの勅法集があったが、それらは私撰(しせん)で、初めての官撰勅法集としての意義は大きく、歴史の史料としても貴重である。[弓削 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

テオドシウス法典の関連キーワード総合年表(ヨーロッパ)ブルグンドローマ人法テオドシウス[2世]テオドシウス(2世)ローマ史(年表)コーデックス勅法彙纂弓削

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android