コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオドリック[大王] テオドリック

2件 の用語解説(テオドリック[大王]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

テオドリック[大王]【テオドリック】

東ゴート国王(在位471年―526年)。493年オドアケルを倒してイタリアを征服,東ゴート王国を建設。ボエティウスカッシオドルスを登用してローマ文化を尊重,産業を保護し,他のゲルマン部族国家との協調,統一をめざした。
→関連項目カタラウヌムの戦ヒルデブラントの歌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

テオドリック[大王]【Theodoric】

455ころ‐526
東ゴート王国の王。在位471‐526年。東ゴート族の王家の出身で,幼少時の約10年間人質としてビザンティン皇帝の側近で仕えた。488年皇帝の命により,ドナウ川流域のゴート族の一部とこれに合流した雑多な兵士の集団を率いてイタリアへ進軍し,493年にオドアケルをたおし,ビザンティン皇帝の代行者としてイタリア統治を行った。ゴート人が皇帝の兵士として,永年の慣行に従い,土地を与えられて軍事上の任務に専念したのに対し,民政はオドアケルの時代と同様にローマ人の手で,ローマ時代とまったく同様の形で進められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のテオドリック[大王]の言及

【オドアケル】より

…東帝ゼノンは正式な称号授与は行わなかったが,書簡では彼をパトリキウスと呼び,事実上オドアケルのイタリア支配を認めた。しかし486年以後,両者の関係は悪化し,489年には東帝の委託を受けた東ゴート王テオドリックがイタリアに進撃。敗北を喫したオドアケルはラベンナに撤退してなお対抗したが,奸計により493年3月15日殺害された。…

【東ゴート王国】より

…スカンジナビアを発祥地とされるゴート人は,東ゲルマン人の一派で,3世紀に東西二つの集団に分かれた。バルカン半島や小アジアなどの,自らの領域内での東ゴート族の略奪・侵入行動に悩んだビザンティン皇帝ゼノンは,テオドリック大王の率いるこの部族に,オドアケル支配下のイタリアへの遠征を勧めた。テオドリック大王の軍隊は489年から5年の歳月をかけて,493年にイタリアの平定に成功した。…

【ベローナ】より

…古代の土着民によって建設された町で,前89年,ローマの植民市になり,3世紀には軍事基地に変貌した。489年東ゴート王テオドリックに占領され,ランゴバルド王アルボイノAlboinoはベローナを居城とした。774年カール大帝がベローナを征服し,その息子ピピンはここを彼の王国の主要都市として発展させた。…

※「テオドリック[大王]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テオドリック[大王]の関連キーワードクロイソスサウルベリサリウスラベンナ雨ゴートエグバートゴート族テオドリック廟西ゴート族東ゴート族

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone