テオドロス[キュレネ](英語表記)Theodōros; Theodore of Cyrene

  • キュレネ
  • テオドロス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前4世紀のギリシアの哲学者。小ソクラテス学派のキュレネ派の人。キュレネ派の特色は快楽を人生の究極目的とし,この快楽の規定を明確にするところにあったが,テオドロス識見を重んじ,識見に従って自由に合目的的にふるまう能力から生じる喜びを最高の快楽とした。神的存在をすべて否定するところから無神論者と呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android