コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオドロス[ストゥディオス] Theodōros; Theodore Studites

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオドロス[ストゥディオス]
Theodōros; Theodore Studites

[生]759. コンスタンチノープル
[没]826.11.11. プリンキポ島
東方教会の修道士,ビザンチン修道生活の改革者,聖人。反聖画像破壊論者の代表的存在 (→聖画像論争 ) 。サクディオンの修道院長となったが (794) ,コンスタンチヌス6世の再婚に反対しテッサロニカに追放された (796) 。皇帝廃位後女帝イレネによって呼戻されコンスタンチノープルのストゥディオス修道院長となり (797) ,修道生活の振興につくした。 806年ニケフォロス総主教と争い教会会議で断罪,追放された (809~811) 。皇帝レオ5世が再び偶像破壊政策を実行したのに反対し追放された (816~820) 。ミカエル2世によって許されたが,コンスタンチノープルでは依然聖画像崇拝が禁じられたため,ストゥディオス修道院を離れ,首都の外で余生をおくった。祝日 11月 11日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テオドロス[ストゥディオス]の関連キーワード万葉集糞置荘ザンクト・ガレン修道院葛勒可汗牟羽可汗心筋梗塞雄勝の柵唐招提寺平準署万葉集

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android