テオドロス[モプスエスティア](英語表記)Theodōros; Theodore of Mopsuestia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオドロス[モプスエスティア]
Theodōros; Theodore of Mopsuestia

[生]350頃.アンチオキア
[没]428/429. キリキア,モプスエスティア
アンチオキア学派の代表的神学者。当初法律家を志して友人ヨアンネス・クリュソストモスとともに著名な異教徒の修辞学者リバニオスについたが,クリュソストモスの影響で修道生活に入り,タルソスディオドロスの修道院学校に学んだ (369) 。 383年頃司祭となり,392年頃モプスエスティアの司教に就任。著作はきわめて多く,受肉,秘跡,聖霊などの神学上の問題,聖書解釈の方法,神学論争,修道院制度,聖職についての論述のほかに,ほとんど聖書全般についての注解をしたらしい。ネストリウス派の教会では「神の聖なる友」あるいは「解釈者」と呼ばれて崇敬されたが,キリスト単性論者や正統派からは異端の頭目とみなされ,エフェソス公会議 (431) およびコンスタンチノープル公会議 (553) でネストリウス主義者として非難された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android