コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオドロス Theodōros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオドロス
Theodōros

前6世紀中頃に活動したサモス島出身のギリシアの青銅鋳造家,金属工芸家,建築家。なかば伝説的な人物で,ロイコスとともに青銅鋳造法の発明者といわれ,また彼とともにサモス島のへラ神殿 (ヘライオン ) の建造にたずさわったといわれる。金属工芸家としてはクリオス王のために銀杯を作ったという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テオドロスの関連キーワードスタンリー(Sir Henry Morton Stanley)コスマス・インディコプレウステス近・現代アフリカ史(年表)ビオン[ボリュステネス]テオドロス[キュレネ]カハリエ・ジャーミーストゥディオス修道院ギリシア十字式聖堂ハートフォード会議テオドロス(2世)アンティオキア学派ヨハネス(3世)さよならソルシエエチオピア革命ウィタリアヌス新プラトン主義パラミディ要塞ネーピア(男)ネストリウス派テオドロス2世

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テオドロスの関連情報