コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオレル テオレル Theorell, Axel Hugo Teodor

5件 の用語解説(テオレルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオレル
テオレル
Theorell, Axel Hugo Teodor

[生]1903.7.6. リンチェピング
[没]1982.8.15. ストックホルム
スウェーデン生化学者。ストックホルムの王立カロリンスカ医科大学を卒業,1932~36年,ウプサラ大学助教授。この間 (1933~35) にベルリンで O.ワールブルクと共同で黄色酵素の研究を開始した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

テオレル(Axel Hugo Teodor Theorell)

[1903~1982]スウェーデンの生化学者。ミオグロビンの結晶化に成功。酸化酵素を研究し、黄色酵素の成分を解明した。1955年、ノーベル生理学医学賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

テオレル

スウェーデンの生化学者。ワールブルクの指導を受け,1937年以降ストックホルムのノーベル医学研究所生化学部長。ミオグロビンの結晶化に成功し,黄色酵素,チトクローム,ペルオキシダーゼ酸化還元酵素の研究で,1955年ノーベル生理医学賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

テオレル【Axel Hugo Theodor Theorell】

1903~1982) スウェーデンの生化学者。ミオグロビンの結晶化に成功したほか、黄色酸化酵素の研究により酵素と補酵素の概念を明らかにした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テオレル
ておれる
Axel Hugo Teodor Theorell
(1903―1982)

スウェーデンの生化学者。カロリンスカ大学で学位を取得。学生時代に血清中の脂性タンパクを発見した。1923年にウプサラ大学準教授になり、ミオグロビンの結晶化に成功、また細胞呼吸におけるチトクロムcなどのヘムタンパク質の研究を行った。1934年からベルリン・ダーレムのワールブルクのもとに留学し、黄色酵素が黄色のリボフラビンリン酸とタンパク質とから成り立っていることを確認した。1937年に母校に戻り、同大学ノーベル医学研究所の生化学部長になった。1955年に酸化酵素の研究でノーベル医学生理学賞を授与された。[宇佐美正一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テオレルの関連キーワードアンチダンピング関税スリッピングピントリングアンチダンピングチェリオさんぴん茶チェンジリング・シーテンピンズボウリングピンボウリング国際アンチドーピング機関 (International Anti-Doping Agency)アンチドーピング (anti-doping)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone