テミン(読み)てみん(英語表記)Howard Martin Temin

日本大百科全書(ニッポニカ)「テミン」の解説

テミン
てみん
Howard Martin Temin
(1934―1994)

アメリカのウイルス学者。フィラデルフィアに生まれる。1955年スウォースモア大学を卒業、カリフォルニア工科大学大学院でウイルス学を専攻、ダルベッコーの指導を受けて、1959年に博士号を取得した。1960年ウィスコンシン大学医学部の助教授となり、1964年準教授、1969年教授に昇格した。1974年アメリカがん協会の教授となった。

 1960年代にラウス肉腫(にくしゅ)がダクチノマイシンで抑制されることを発見、このウイルスの増殖過程を詳しく研究し、リボ核酸(RNA)がデオキシリボ核酸(DNA)に複製されるのではないかと仮定した。それまでの定説では、DNAからRNAに一方的に複製されるとされていたが、その逆のケースの逆転写酵素を発見したのである。この説は、テミンと独立に発見したボルティモアの論文とともに、1970年『ネイチャー』に発表された。逆転写酵素の発見は、遺伝情報の伝達に新しい経路を示すとともに、がんの発生メカニズムを解くうえでも重要なものとなった。1975年「腫瘍(しゅよう)ウイルスと細胞遺伝物質の相互作用に関する発見」により、ダルベッコー、ボルティモアとともにノーベル医学生理学賞を受賞した。

[編集部 2018年9月19日]

『H・M・テミン著、日経サイエンス編集部編『健全な細胞はどうガン化するか』(1983・日経サイエンス)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「テミン」の解説

テミン
Temin, Howard Martin

[生]1934.12.10. アメリカ,ペンシルバニア,フィラデルフィア
[没]1994.2.9. アメリカ,ウィスコンシン,マジソン
アメリカのウイルス学者。 1955年ペンシルバニアのスウォースモア大学卒業後,カリフォルニア工科大学に学び 59年博士号を取得。 60年ウィスコンシン大学マジソン校助教授,69年同教授。その間もカリフォルニア工科大学の R.ダルベッコのもとでラウス肉腫ウイルスによる発の研究を続け,1964年,遺伝子としてリボ核酸 RNAをもつウイルスが RNA情報を宿主細胞のデオキシリボ核酸 DNAに転写し細胞を癌化させるとともに,宿主 DNAによりウイルスが複製され,癌細胞が増殖するという説を発表。この仮説は遺伝情報は常に DNAから RNAに転写されるという分子生物学の基本に反していたが,70年に D.ボルティモアとともにウイルスの RNAを DNAに写す逆転写酵素を発見し,証明した。 75年,ダルベッコ,ボルティモアとともにノーベル生理学・医学賞受賞。 1971年からはウィスコンシン大学アルムニ研究所の癌部門教授,74年からはアメリカ癌研究協会ウイルス腫瘍学・細胞生物学部門教授も兼務

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「テミン」の解説

テミン

アメリカのウイルス学者。ペンシルベニア州生れ。1970年の逆転写酵素発見および癌との関係の研究で知られ,1975年に同僚のデビッド・ボルティモア,レナート・ダルベッコとともにノーベル生理学・医学賞を受賞した。逆転写酵素はエイズを引き起こすウイルスをもっているため,エイズの研究も行った。また,公共の場での喫煙を禁止する法律の制定キャンペーンにも力を注いだ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android