テル・サラサート(読み)テルサラサート

百科事典マイペディアの解説

テル・サラサート

イラク北部,モースルの西方にあるテルで,大小七つの丘からなる。1956年以降,東京大学の調査団が第2号丘を調査し,青銅器時代イスラム期(イスラム文化)の墳墓,ウルク期ウルク文化)の神殿,および周溝をめぐらした集落ウバイド期ウバイド文化)の集落や穀物倉などを発見した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テル・サラサート
てるさらさーと
Tel Thalathat

イラク北部、モスルの西51キロメートルにある大小5丘よりなる遺跡。東京大学イラク・イラン遺跡調査団(団長江上波夫)が1956年(昭和31)に調査を開始、56~57年に号丘の発掘を実施した。その後のわが国の西アジア考古学活動の先駆として、この第1回調査の成功の意義は大きい。その後、64~74年にかけて調査を継続し、号丘を最下層までと、号丘およびもっとも大型の号丘の調査を行った。
 号丘では総計16層を確認し、層は南メソポタミアのウルク期にあたり、中庭の長側面に付属の部屋を備える神殿址(し)をみいだした。層はウバイド期にあたり、各層で、日干しれんが積み住居址、円形穀倉址、窯址、パン焼き竈(がま)などの諸施設を、また、彩文土器、石刃製の鎌の刃など各種の石製品、骨角製品、土製品などをみいだしている。層はハッスーナ期に属し、層では粘土塊積みの住居址、最下の層では竪穴(たてあな)住居址をみいだしている。厚手粗質の土器を伴い、粘土紐(ひも)を貼布(ちょうふ)して人面などを表現する例がある。号丘では上層でニネベ期の長方形穀倉址を、号丘上層ではアーチ天井の6室より階段で階下に通ずる遺構をみいだしている。時期は紀元前1500年ごろと考えられているが、遺構の性格は明らかにされていない。[増田精一]
『『テル・サラサート』(1959、70、74、81・東京大学東洋文化研究所)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android