コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディド ディドDido

翻訳|Dido

4件 の用語解説(ディドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディド
ディド
Dido

カルタゴを創建したとされる女王で,ローマの伝説にも取入れられた。フェニキアテュルの王女で,別名をエリッサともいったが,父の死後その跡を継いだ弟のピグマリオンによって夫を殺されてアフリカに逃れ,土地の先住民から,牛の皮1枚に入るだけの土地をもらう約束をして,皮を細紐に切って広大な領地を手に入れ,カルタゴを建設し,その支配者となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ディド

ギリシア・ローマ伝説のテュロスの王女。別名エリサElissa。夫シュカイオスが弟ピュグマリオンに殺害されたのでリビアに亡命,カルタゴ(セム語で〈新しい町〉の意)を建設。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ディド【Dido】

ギリシア・ローマ伝説で,カルタゴの創設者とされる女王。フェニキアのテュロスの王女として生まれ,巨万の富をもつ叔父シュカイオスと結婚したが,父王の死後,王位についた兄ピュグマリオンに夫を殺されたため,財宝を船に積んでリビアへ逃れた。この地で,1頭の牛皮で覆えるだけの地面の譲渡の約束をとりつけた彼女は,機転を働かせて皮を細く糸状に切り,これによって囲める限りの土地を入手,ここを拠点にカルタゴ(セム語で〈新しい町〉の意)を建設した。

ディド【Ambroise Firmin Didot】

1790‐1876
フランスの学者,印刷出版者。18世紀初頭以来の由緒ある印刷出版者の家系に生まれる。幼時よりギリシア学者でステロ版(紙型版)印刷術の発明者として知られる父フィルマンの薫陶を受けてギリシア語を学ぶ。1816年トルコ駐在フランス大使に従ってギリシア,中近東エジプトに旅行,遺跡の発見などをおこない,帰国後23年にはトルコの支配から独立しようとするギリシア支援の運動を起こし,ギリシアに最初の活字印刷機や図書を寄贈するなど活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のディドの言及

【アエネアス】より

…トロイア陥落後の話はラテン詩人ウェルギリウスの《アエネーイス》にひきつがれた。それによれば,父と家の守り神を背負い,一子アスカニウスAscaniusの手を引いて都を落ちた彼は,多数のトロイア人を率いて航海に出,シチリア島で父を亡くしたあと,漂着したカルタゴでは女王ディドの恋人となるが,やがて彼女を見捨ててイタリアに上陸,ラウィニウムを建設したという。のちアスカニウスはアルバ・ロンガを建設し,その子孫ロムルスがローマの建国者となった。…

【アンナ・ペレンナ】より

…女神に関しては詩人オウィディウスが《祭暦》の中で二つの話を伝えている。一つはこの女神をカルタゴの女王ディドの妹のアンナと同一視するもので,ディドの死後,イタリアへ逃れたアンナがアエネアスの厚遇をうけたものの,その妻に嫌われ,河神ヌミキウスNumiciusのニンフになったと説く。もう一つは,ローマの平民が聖山に退いた前494年,商売用の菓子を彼らに提供したボウィラエの老婆アンナがのちに女神として祭られたというものであるが,いずれも詩人の創作であるかもしれない。…

【ローマ神話】より

…この島を出帆すると,彼に敵意をいだくユノ女神が嵐を起こし,艦船の大半を難破させる。彼はかろうじてアフリカに漂着し,カルタゴの女王ディドにあたたかく迎えられる。彼に恋した女王は彼を永久に自分のもとにとどめようとするが,イタリアに新トロイア建設の使命を自覚した彼は,彼女を振り切ってこの土地をあとにする。…

※「ディド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ディドの関連情報