ディルムン(英語表記)Dilmun

世界大百科事典 第2版の解説

メソポタミアから見て南東の方向にあったとされる古地名。ティルムンTilmunともいう。前2520年ころのラガシュの王ウルナンシェの古拙シュメール語刻文から,前710年ころのサルゴン2世のアッシリア語刻文に至るほぼ1800年間に,シュメール・アッカド語刻文でしばしば言及されている。それは最古の時期にペルシア湾頭とインダス川地方の間を往復する船の中継地点(給水地)であったらしいが,上述のウルナンシェの記録では木材の供給地となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android