コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディルムン Dilmun

世界大百科事典 第2版の解説

ディルムン【Dilmun】

メソポタミアから見て南東の方向にあったとされる古地名。ティルムンTilmunともいう。前2520年ころのラガシュの王ウルナンシェの古拙シュメール語刻文から,前710年ころのサルゴン2世のアッシリア語刻文に至るほぼ1800年間に,シュメール・アッカド語刻文でしばしば言及されている。それは最古の時期にペルシア湾頭とインダス川地方の間を往復する船の中継地点(給水地)であったらしいが,上述のウルナンシェの記録では木材の供給地となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ディルムンの関連キーワードカルアトバーレーン要塞バルバル遺跡メソポタミアバーレーンタルート島サルゴン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android