コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デウス デウス Deus Ramos, João de

4件 の用語解説(デウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デウス
デウス
Deus Ramos, João de

[生]1830.3.8. アルガルベ
[没]1896.1.11. リスボン
ポルトガルの詩人。生地で初等教育を受け,1859年コインブラ大学法学部卒業。その後新聞『ベージャの人』O Bejense (1862~64) を主宰,69年下院議員に選出されリスボンへ移った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

デウス(Deus)

天帝。天主。神。キリシタン用語。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

デウス【Deus】

〔キリシタン用語〕
神。天主。天帝。造物主。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デウス
でうす
deusラテン語

キリシタン宗門における「神」。フランシスコ・ザビエル以後、来日した宣教師たちは、キリシタン宗門の「神」にいかなる日本語をあてるべきかに苦慮し、「天主」「天帝」「天道」「天」なども用いたが、1592年(文禄1)からはラテン語の「デウス」に一定した。キリシタン文献には「てうす」「デウス」「だいうす」「大ウス」「大臼(だいうす)」などの用語がみえる。安土(あづち)(滋賀県近江八幡(おうみはちまん)市)や京都のキリシタン史跡には、それが地名として残った例もある。[松田毅一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デウスの関連キーワードガルベストンアルガルベ・カップアルガル・ダストアルガル・フェルトアルガル・ペーストガルベン角閃岩アルガルヴ岩モルガルテンの戦アルベニス:スペイン組曲 第1集/piano soloアルベス,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デウスの関連情報