コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デバイの比熱式 デバイのひねつしき Debye's specific heat formula

3件 の用語解説(デバイの比熱式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デバイの比熱式
デバイのひねつしき
Debye's specific heat formula

1912年 P.デバイが提出した比熱式。アインシュタインの比熱式を改良したものである。彼は固体中の振動がアインシュタイン模型のように独立な調和振動子ではありえなくて,1つの原子が変位するとまわりの原子が引きずられて変位を起し,振動は波として固体中を伝わると考えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

デバイの比熱式【Debye's formula of specific heat】

高温ではデュロン‐ブティの法則*,低温ではデバイの T3 法則*をともに満足させられるように考えられた比熱の方程式.3N 個の結合した振動子のエネルギーを量子力学的に計算した結果導かれた,固体の定積比熱(Cv)の温度依存性を表した式である.

ここで νm はデバイ周波数と呼ばれる.3N 個の振動のうち最大のものの値に相当するが,物質によって異なる.hν/k は温度の次元をもつ量で,デバイ温度*と呼ばれ,Θ(ときには Θc)で表すことが多い.Θ/T は無次元数であるが,これを x とおいたときには

となる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

デバイのひねつしき【デバイの比熱式 Debye’s specific heat formula】

固体の比熱について,アインシュタインの比熱式の改良としてP.デバイが1912年に提案した式。アインシュタインは,固体内の個々の格子点を独立な単振子として扱ったが,デバイは格子の集団運動の本質をとり入れて,まず固体を連続弾性体とみなした。連続体では運動の自由度が無限大になるが,格子では有限であることを考慮して,連続体の振動モードエネルギーの低いほうからとり入れ,モードの数が格子点の自由度と等しくなるところで打ち切る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のデバイの比熱式の言及

【比熱】より

…アルゴンなどの単原子気体では定積モル比熱Cvは3/2R,水素,酸素などの2原子気体ではCv=5/2R,多原子気体ではCv=3Rに近い。 固体の比熱に関しては,その定積モル比熱Cvが3Rに等しいというデュロン=プティの法則や,アインシュタインによるアインシュタインの比熱式,これを改良したデバイによるデバイの比熱式がある。デバイの比熱式は,格子振動を連続体の弾性振動(縦波と二つの横波)でおきかえることによって導かれたもので,絶対温度をTとして,と表される。…

※「デバイの比熱式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デバイの比熱式の関連キーワード原子熱デュロンプティの法則低温障害低温蒸発エイドリアンの法則固体比熱の法則デュロン‐ブティの法則バウディッチの法則プティの法則デュロン=プティの法則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone