コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デフォルマシヨン

2件 の用語解説(デフォルマシヨンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

デフォルマシヨン

美術において,対象の変形,歪曲(わいきょく)を意味するフランス語。動詞形デフォルメも多用される。主観を重視する近代美術に顕著にみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デフォルマシヨン【déformation[フランス]】

正常な形を変える,つまり形をゆがめたり,ぶかっこうにさせる意のラテン語deformatoに由来する語で,〈歪形〉〈変形〉と訳すことがある。近代美術において対象を再現する写実主義が否定され,対象がなんらかの程度と方向において変形させられるときに,この語が使われた。視覚に忠実な映像の再現を基準として,かりにそれを〈正常な形〉ということにすれば,人間のつくる形は芸術の起源以来,つねになんらかの変形をうけていることになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone