デュエット(英語表記)duet

翻訳|duet

知恵蔵の解説

デュエット

パ・ド・ドゥ」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

大辞林 第三版の解説

デュエット【duet】

( 名 ) スル
二人の歌い手による重唱。二重唱。
二つの楽器による重奏。二重奏。
二人で行う演技。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュエット
でゅえっと
duet英語
duettoイタリア語

音楽用語。二重唱、二重奏。2人の歌手または器楽奏者のための楽曲、またそれを演奏すること。器楽曲に対してはデュオduoとよぶことが多い。二重唱には、無伴奏の作品、ピアノまたは管弦楽伴奏付きの作品があり、また2人の歌手が同じ歌詞を歌う場合(リートなど)と異なる歌詞を歌う場合(オペラなどで歌手に役柄があるとき)がある。デュエットのもっとも初期の例は13世紀のトロープスtropus(ローマ教会の典礼聖歌に挿入された交唱)やコンドゥクトゥスconductus(ラテン語による宗教歌曲)である。バロック時代からカンタータ、オラトリオ、オペラなどで盛んに使われ、とくにオペラではその初期(17世紀初頭)からすでに重要な役割を担った。その後の二重唱でもっとも典型的なものは、愛し合う男女による「愛の二重唱」である。[石多正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

デュエット

〘名〙 (duetto)
① オペラやカンタータにおける二人の歌手による重唱。また、一般的に二人の重唱。二重唱。デュオ。
※即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉歌女「これヂドとエネエアスとの対歌(ヅエットオ)なり」
② ピアノとバイオリン、ピアノとフルート、または二つのバイオリンなど、二つの楽器による重奏。二重奏。デュオ。〔新撰現代語字典(1931)〕
③ 二人で踊るダンス。
※虹(1934‐36)〈川端康成〉「二人踊(デュエット)の稽古があるんでせう」
④ (比喩的に) 二人、またはふたつのものが織りなしていくドラマ、ストーリーなどをいう。
※スタンダールの小説主張(1943)〈大井広介〉「ファブリスとモスカのデュエットはじつに『パルム』のライト・モティーフを形成してゐるのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デュエットの関連情報