コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュシャン・ビヨン デュシャンビヨン

百科事典マイペディアの解説

デュシャン・ビヨン

フランスの彫刻家。M.デュシャンの兄,J.ビヨンの弟。医学を学ぶがのちに放棄し,1912年キュビスムに参加。メカニックな表現による馬の連作をはじめ,ダイナミックなリズムをほとんど抽象的なフォルムのうちに造形した作品を残す。
→関連項目メッツァンジェ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュシャン・ビヨン
でゅしゃんびよん
Raymond Duchamp-Villon
(1876―1918)

フランスの彫刻家。ノルマンディー地方ウール県ダンビルの生まれ。ジャック・ビヨンを兄とし、マルセル・デュシャンを弟とする。1894年、医学の勉強のためにパリに出るが、医学を捨てて彫刻の道を歩む。初めロダンの影響を強く受けていたが、しだいにそこから抜け出し、1911年の『ボードレールの頭部像』では、簡潔な造形のなかにこの詩人の近代性を鮮やかに浮かび上がらせ、ロダン的表現からの完全な離脱を示した。このころ、ピュトーでは兄ジャック・ビヨンを中心にキュビスム系統の芸術家が集まっており、彼もその議論に加わるとともに、翌12年の「セクシオン・ドール」展に参加した。14年には「馬」の連作を手がけ、そこではしだいに写実的イメージが姿を消して、馬が機械装置に転化してゆく過程が示される。第一次世界大戦に補助医として従軍するが、伝染病のためカンヌで没した。[大森達次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デュシャン・ビヨンの関連キーワードデュシャン(Marcel Duchamp)デュシャン・ヴィヨンオルフィスム

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android