コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュメジル Georges Dumézil

4件 の用語解説(デュメジルの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

デュメジル【Georges Dumézil】

1898~1986) フランスの神話学者。インド-ヨーロッパ語族の神話が祭司・戦士・生産者の三種の機能体系から成ることを明らかにした。著「神話と叙事詩」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デュメジル

フランスの言語学者,比較神話学者。A.メイエ,M.グラネ,M.モースらから感化を受けた。ワルシャワイスタンブルウプサラの各大学で教えてのち,高等研究院,コレージュ・ド・フランス教授,1978年以降アカデミー・フランセーズ会員。
→関連項目神話学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

デュメジル【Georges Dumézil】

1898‐1986
インドヨーロッパ語系の諸民族の神話を比較研究し,その共通の構造と内容とを明らかにした業績によってとくに著名なフランスの言語学者,神話学者。アカデミー・フランセーズの会員でもある。インド,イラン,ゲルマン,ケルト,古代ローマなどの神話が,共通した〈世界観〉に基づいて組織されていることを明らかにした。それは,(1)祭司と,(2)戦士と,(3)生産者のそれぞれが人間の社会で分担している役割と基本的に照応する3種の原理が,宇宙秩序の維持のためにも,あらゆる分野で協同しているとみなすもので,この世界観を〈インド・ヨーロッパ3機能体系〉と名づけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュメジル
でゅめじる
Georges Dumzil
(1898―1986)

フランスの言語学者、神話学者。アカデミー・フランセーズの会員でもあった。語学の天才を駆使した比較研究によって、インド、イラン、ゲルマン、ケルト、古代ローマなど、インド・ヨーロッパ語族の神話が、共通の世界観の体系に基づいて組織されていたことを明らかにした。それは〔1〕祭司、〔2〕戦士、〔3〕生産者のそれぞれの社会的任務に対応する3種の原理が、自然界や超自然界など宇宙のあらゆる分野でも協同しているとみなすもので、この世界観を彼は、「インド・ヨーロッパ的三機能体系」とよんだ。『神話と叙事詩』三巻(1968~73)など、50冊を超える著書がある。[吉田敦彦]
『デュメジル著、松村一夫訳『ゲルマン人の神々』(1980・日本ブリタニカ)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のデュメジルの言及

【アース神族】より

…古代インドの1対の神ミトラ/バルナにその表現がよく用いられ,しかもこれらの神とボーダン(オーディン)との密接な関係が認められるところから,ヤン・デ・フリースはオーディンとアース神の関係が生ずるとしている。比較神話の立場から北欧神話をインド・ヨーロッパ語族の神話の中に位置づけ,主権,戦闘,富の生産の3機能説を唱えるデュメジルは,アース神族とバン神族の対立と共存の問題を宗教戦争や政治的な征服戦争の反映とする説をしりぞけ,相互補完的な役割分担を意味するとし,オーディンは主権,祭祀,魔術などをつかさどる第1機能,トールは戦闘,暴力などをつかさどる第2機能,バン神族は豊饒と平和などをつかさどる第3機能をうけもつ神だとする3機能体系説を唱えている。北欧神話【谷口 幸男】。…

【神話学】より

…しかしその立場から著された《金枝篇》に代表されるイギリスの古典学者・人類学者J.G.フレーザーの膨大な著作は,神話研究にとってきわめて貴重な資料の集成として,高い価値を現在でも失っていない。 現在の神話学を代表する権威の双璧は,フランスの比較神話学者デュメジルと,人類学者レビ・ストロースである。デュメジルは,〈自然神話学派〉とはまったく異なる構造分析的な比較の方法と,すぐれた語学力を駆使して,インド・ヨーロッパ語系の諸民族の神話は元来,彼が〈3機能体系〉と名づけた独特の世界観を反映し,共通の構造と内容を持っていたことを明らかにした。…

【バン神族】より

… アース神族とバン神族の戦いについては種々の解釈がある。歴史的事件の反映とか,土着の豊饒神信仰と外来の好戦的な神信仰の抗争とか,G.デュメジルのようにインド・ヨーロッパ語系諸族の神話の中へ位置づけ,神々の3機能のうち豊饒を司る第3機能をバン神族にあてる説もある。北欧神話【谷口 幸男】。…

【ローマ神話】より

…それにもかかわらず歴史を装ったこの物語のなかには,神の子としての不思議な双子の誕生,捨子と獣による養育,成人しての肉親との再会など,先行するギリシア神話との共通要素を容易に指摘することができるし,また夫と親兄弟との間を調停するサビニの女は,現実のローマ社会において婦人の占める重要な役目を,ロムルスとレムス,ないしはロムルスとタティウスとの共同支配は,共和政における2人のコンスル(執政官)制度にそれぞれ神話的な根拠を提供しているとも受け取れよう。さらに比較神話学者のG.デュメジルのように,ローマ人とサビニ人との抗争と和解が,例えばゲルマン神話におけるアサ神族とバナ神族との戦いと和解の神話に酷似することから,本来の神話の歴史物語化をここに認めようとする学者もいる。以上のごとき多様な意味をこめ,ローマ人は歴史伝説という形で真にローマ的な神話をもったということができよう。…

※「デュメジル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デュメジルの関連キーワードトカラ語単一ヨーロッパ議定書インドヨーロッパ語族・インド-ゲルマン語族ケルトヨーロッパトルコヨーロッパロシアインドヨーロッパ語族ヨーロッパポイントインド・ヨーロッパ語族ヨーロッパ級

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone