コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュレンマット デュレンマット Dürrenmatt, Friedrich

6件 の用語解説(デュレンマットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュレンマット
デュレンマット
Dürrenmatt, Friedrich

[生]1921.1.5. ベルン,コーノルフィンゲン
[没]1990.12.14. ヌーシャテル
スイスの劇作家。伝統的悲劇を否定,今日可能なのは喜劇だけであるという認識に基づき,グロテスクな誇張や痛烈な風刺を駆使して,ゆがんだ社会や精神を逆説的に描く。代表作『ロムルス大帝』 Romuls der Grosse (1949) ,『貴婦人故郷に帰る』 Der Besuch der alten Dame (56) ,『物理学者』 Die Physiker (62) のほか,ストリンドベリの『死の舞踏』の改作 (69) などを手がけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

デュレンマット(Friedrich Dürrenmatt)

[1921~1990]スイスの劇作家。大胆な形式の風刺喜劇を書き、小説家としても活躍。作「ミシシッピー氏の結婚」「貴婦人故郷に帰る」「物理学者たち」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デュレンマット

スイスのドイツ語劇作家。グロテスクな誇張やパロディ,風刺を用いて現代人の存在を追求する喜劇を書いた。《ミシシッピ氏の結婚》《貴婦人故郷に帰る》《物理学者たち》などのほか,小説やラジオドラマがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

デュレンマット【Friedrich Dürrenmatt】

1921‐90
スイスの劇作家,小説家。M.フリッシュとともに第2次大戦後のスイスを代表し,ドイツ語圏全体でもブレヒトに次ぐ上演記録を誇る。アリストファネス,ネストロイ,シュテルンハイムウェーデキントの流れをくみ,ブレヒトの標榜する世界変革の可能性に疑念をいだく彼は,今日の複雑化した社会機構のもとでは,個人の罪過を前提とした悲劇は不可能であると考え,もっぱら奇抜な着想やグロテスクなパロディを盛りこんだ喜劇仕立ての寓意劇を書いて,現代社会の欠陥をあばいてみせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

デュレンマット【Friedrich Dürrenmatt】

1921~1990) スイスの劇作家。風刺と幻想に満ちた喜劇によって現代の不条理を暴く。代表作「ロムルス大帝」「貴婦人故郷に帰る」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュレンマット
でゅれんまっと
Friedrich Drrenmatt
(1921―1990)

スイスの劇作家、小説家。ベルン郊外の牧師の子に生まれる。マックス・フリッシュと並んで第二次世界大戦後のスイス文学を代表する作家。もともと画家志望で自作に挿絵も描く。その創作態度は、『演劇の諸問題』(1955)で問題提起したように、現代の世界は異様になっているとみる視点と結び付いている。古典悲劇の完結の形式では現代はもはやとらえられないとし、従来のさまざまな演劇素材や様式を縦横に混交し、豊かな演劇ファンタジーに着想、パロディー、寄席(よせ)演芸的やま場づくりや、身ぶり狂言的、道化的、操り人形的といった、意表をつく技法を駆使して実験を試み、解答は観客の判断にゆだねる開放形式の喜劇づくりにより演劇を刷新した。その点で彼はブレヒトと相通ずるものをもつが、文学と政治を明確に区分し、この世を化け物じみたグロテスクな様相を呈する不条理の世界と洞察することに限定し、その市民と時代への批判がキリスト教に基礎を置く良心からのモラリズムである点で、ブレヒトと異なる。代表作に『ミシシッピー氏の結婚』(1952)、『貴婦人故郷に帰る』(1956)、『物理学者たち』(1962)があり、世界各地で上演された。このほか推理小説にも才を示し、『嫌疑』(1953)、『約束』(1958)、『白昼の事件』(1958)などがある。[棗田光行]
『加藤衛訳『ミシシッピー氏の結婚』(1954・白水社) ▽岩淵達治訳『貴婦人故郷に帰る』(1974・筑摩書房) ▽前田道介訳『嫌疑』(1960・早川書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のデュレンマットの言及

【悲喜劇】より

… 現代では,伝統的な悲劇と喜劇という区別そのものが明確な形では存在しえなくなったといってよい。スイスの劇作家F.デュレンマットは自作《貴婦人故郷に帰る》を〈喜劇的悲劇〉と呼んでいるが,さまざまな現代のグロテスクな寓意劇(E.イヨネスコ,S.ベケット,M.フリッシュ,J.アヌイ,H.ピンターなど。〈前衛劇〉の項を参照)では,悲劇性も喜劇性もひとしく捨象されている,ということもできる。…

※「デュレンマット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デュレンマットの関連キーワードベルンハイムサクスホルンニーベルングの指輪ベーベルンベルクシュルントベルンアルプスクルンバーの謎ぷるんぷるんQooベルルンベルン交響楽団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デュレンマットの関連情報