コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デーメルト デーメルト Dehmelt, Hans Georg

3件 の用語解説(デーメルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デーメルト
デーメルト
Dehmelt, Hans Georg

[生]1922.9.9. ゲールリッツ
ドイツ生れのアメリカ物理学者。 1940年からドイツ陸軍に従軍し,軍の計画により物理学を学んだが,45年アメリカ軍の捕虜となる。 50年ゲッティンゲン大学で物理学の学位を取得,52年渡米してワシントン大学に移り,61年同大学教授に就任,アメリカ市民権を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デーメルト

ドイツ生れの物理学者。1950年ゲッティンゲン大学で学位を取得,同大学,デューク大学を経て,1961年米国ワシントン大学教授。1950年代以来W.パウルとともにたった1個の電子やイオンを捕らえる方法を実現した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デーメルト
でーめると
Hans Georg Dehmelt
(1922― )

アメリカの物理学者。ドイツのゲルリッツ生まれる。ベルリンのギムナジウムを1940年に卒業後、陸軍に入隊し、一時期ブレスラウ大学(現、ポーランドブロツワフ大学)で物理学を学んだのち、西部戦線に送られてアメリカ軍の捕虜となった。第二次世界大戦終了後、ゲッティンゲン大学に入り、1950年に博士号を取得した。1952年アメリカに渡り、デューク大学で博士研究員として研究を続け、1955年にワシントン大学の准教授となった。1956年同大学上級准教授、1961年教授に昇格、アメリカの市民権も獲得した。
 ゲッティンゲン大学でW・パウルに実験物理学を学び、のちに磁気共鳴現象、とくに電子スピン共鳴の研究を進めた。1955年から電子を捕捉(ほそく)する実験の研究を開始し、やがてパウルの開発したイオンを捕捉する装置(パウル・トラップ)にヒントを得て、1973年に電子を1個のレベルで分離、捕獲する装置(ペニング・トラップ)の開発に成功、この装置を用いて電子の磁気モーメントを高精度で測定した。さらに高精度の周波数標準器(原子時計)作成が可能となり、原子分光学の分野で画期的成果をもたらした。この業績により、1989年のノーベル物理学賞をパウルとともに受賞、分離振動場法を開発したN・F・ラムゼーも同時受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デーメルトの関連キーワードアウステルリッツアウステルリッツの戦いベルリッツ庭園コーングリッツ9ボール黒田電気ブリットスピリッツグリッツサムライスピリッツサムライスピリッツ 閃サムライスピリッツ 零

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone