トゥカーラーム(英語表記)Tukārām

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥカーラーム
Tukārām

[生]1608
[没]1649
インド,マハーラーシュトラ地方のビシュヌ信仰の一派,バーガバタ派の信仰者。マハーラーシュトラ・バクティ (信愛) 派の宗教詩人。マハーラーシュトラ地方の土着神ビトーバーに対する絶対帰依と信愛を歌った多くの賛歌「アバンガ」を残している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トゥカーラーム【Tukārām】

1608‐49
インド西部,マハーラーシュトラの代表的宗教思想家。ワールカリー(派)とよばれる宗教運動最大の聖賢詩人(サント)で,今日もトゥコーバーの親称でよばれる。その家族はクンビーkumbī(農耕)カーストに属し,代々ワーニー(穀物雑貨小売商)の仕事に携わっていた。早くからジュニャーネーシュワルらの伝統を受けて,地方神ビトーバーViṭhobāへのバクティ(信愛)にその信仰の根本を見いだしていた。 彼はカースト制による差別に対する不満を厳しいことばで語り,農村を中心にバイシャシュードラなど低いカーストの大衆の立場を代弁した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥカーラーム
とぅかーらーむ
Tukrm
(1608―1649)

インドのマハーラーシュトラの宗教詩人。熱烈なビシュヌ教徒で、ビシュヌ神に捧(ささ)げる数多くの讃歌(さんか)を俗語マラーティー語で残す。彼の詩は、唯一神に対するバクティbhakti(誠信・信愛)の喜びを、素朴にしかも情熱的に歌い上げたもので、広く民衆に愛唱され、親しまれた。終生ささやかな一店主として暮らし、神への奉仕に生き続けた彼は、バクティ信仰の体現者としても人々に敬慕された。[矢島道彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトゥカーラームの言及

【エークナート】より

…いずれもマラーティー語で書かれている。ジュニャーネーシュワル,ナームデーオに続くマラーターの民衆宗教家として,有名な17世紀のトゥカーラームの思想形成に大きな影響を与えた。【宮元 啓一】。…

※「トゥカーラーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android