コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥカーラーム トゥカーラーム Tukārām

3件 の用語解説(トゥカーラームの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥカーラーム
トゥカーラーム
Tukārām

[生]1608
[没]1649
インド,マハーラーシュトラ地方のビシュヌ信仰の一派,バーガバタ派の信仰者。マハーラーシュトラ・バクティ (信愛) 派の宗教詩人。マハーラーシュトラ地方の土着神ビトーバーに対する絶対帰依と信愛を歌った多くの賛歌「アバンガ」を残している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

トゥカーラーム【Tukārām】

1608‐49
インド西部,マハーラーシュトラの代表的宗教思想家。ワールカリー(派)とよばれる宗教運動最大の聖賢詩人(サント)で,今日もトゥコーバーの親称でよばれる。その家族はクンビーkumbī(農耕)カーストに属し,代々ワーニー(穀物雑貨小売商)の仕事に携わっていた。早くからジュニャーネーシュワルらの伝統を受けて,地方神ビトーバーViṭhobāへのバクティ(信愛)にその信仰の根本を見いだしていた。 彼はカースト制による差別に対する不満を厳しいことばで語り,農村を中心にバイシャシュードラなど低いカーストの大衆の立場を代弁した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥカーラーム
とぅかーらーむ
Tukrm
(1608―1649)

インドのマハーラーシュトラの宗教詩人。熱烈なビシュヌ教徒で、ビシュヌ神に捧(ささ)げる数多くの讃歌(さんか)を俗語マラーティー語で残す。彼の詩は、唯一神に対するバクティbhakti(誠信・信愛)の喜びを、素朴にしかも情熱的に歌い上げたもので、広く民衆に愛唱され、親しまれた。終生ささやかな一店主として暮らし、神への奉仕に生き続けた彼は、バクティ信仰の体現者としても人々に敬慕された。[矢島道彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトゥカーラームの言及

【エークナート】より

…いずれもマラーティー語で書かれている。ジュニャーネーシュワル,ナームデーオに続くマラーターの民衆宗教家として,有名な17世紀のトゥカーラームの思想形成に大きな影響を与えた。【宮元 啓一】。…

※「トゥカーラーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トゥカーラームの関連キーワードティラクナーグプルナーシクマラーティー語ラージャシェーカラマハラシュトラコールハープルナームデーオマハーラーシュトラ[州]マハーラーシュトリー語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone