コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウヒ(唐檜) トウヒPicea jezoensis var. hondoensis; spruce

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウヒ(唐檜)
トウヒ
Picea jezoensis var. hondoensis; spruce

マツ科の常緑高木で,本州中北部より西の山地に生える。針葉が枝に密につき,若枝は赤褐色で葉の先はとがらない。樹高は 30mに達する。樹皮は赤褐色で小型の鱗状になってはげる。雌雄異花で花被はない。球果は熟すると黄緑色になる。種鱗は倒卵状披針形。材はヒノキの代用として多方面に利用され,特にパルプ材として用いられる。本種はエゾマツ P. jezoensisの変種とされているが,ときには同一種として扱われることもある。両者の区別点は産地の違い,エゾマツは枝が赤みを帯びず,種鱗が倒卵形であるなどである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トウヒ【トウヒ(唐檜) hondo spruce】

本州中部の亜高山にみられるマツ科の常緑高木で,濃緑色円錐形の樹冠が目だつ(イラスト)。高さ30m,直径1mに達し,枝は太く水平に出て密な樹冠をつくる。幹の樹皮は赤褐色ないし灰褐色で薄い鱗片としてはげる。一年枝は太く赤褐色で無毛。冬芽は円錐形で先がとがる。針葉は開出した長い葉枕(ようちん)につき,線形で長さ7~15mm,横断面は扁平。6月ごろ前年枝端に葉に先立って開花し,雄花は長楕円形で紅色,雌球花は円柱形で紫紅色。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のトウヒ(唐檜)の言及

【森】より

…それに対して〈黒い森〉とは針葉樹の森をさしていたが,今日〈シュワルツワルトSchwarzwald(黒い森)〉といえば,ドナウ川の源流をなす,南西ドイツの山林地帯の名称となっている。その代表的樹種が針葉樹のモミとドイツトウヒであり,しかも北ヨーロッパの国々のドイツトウヒの森が緯度と日照の関係から〈針のように〉細長く生長するのに対し,うっそうと茂り巨木をなすからだともいう。俗に赤モミとも呼ばれるトウヒこそ,林学が盛んなドイツにおいて過去約200年間に最も多く植林されてきた樹種で,現在,旧西ドイツの森林面積の40%以上を占めている。…

※「トウヒ(唐檜)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トウヒ(唐檜)の関連キーワードドイツトウヒ八剣山

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android