コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウヒ(唐檜) トウヒ Picea jezoensis var. hondoensis; spruce

2件 の用語解説(トウヒ(唐檜)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウヒ(唐檜)
トウヒ
Picea jezoensis var. hondoensis; spruce

マツ科の常緑高木で,本州中北部より西の山地に生える。針葉が枝に密につき,若枝は赤褐色で葉の先はとがらない。樹高は 30mに達する。樹皮は赤褐色で小型の鱗状になってはげる。雌雄異花で花被はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

トウヒ【トウヒ(唐檜) hondo spruce】

本州中部の亜高山にみられるマツ科の常緑高木で,濃緑色円錐形の樹冠が目だつ(イラスト)。高さ30m,直径1mに達し,枝は太く水平に出て密な樹冠をつくる。幹の樹皮は赤褐色ないし灰褐色で薄い鱗片としてはげる。一年枝は太く赤褐色で無毛。冬芽は円錐形で先がとがる。針葉は開出した長い葉枕(ようちん)につき,線形で長さ7~15mm,横断面は扁平。6月ごろ前年枝端に葉に先立って開花し,雄花は長楕円形で紅色,雌球花は円柱形で紫紅色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のトウヒ(唐檜)の言及

【森】より

…それに対して〈黒い森〉とは針葉樹の森をさしていたが,今日〈シュワルツワルトSchwarzwald(黒い森)〉といえば,ドナウ川の源流をなす,南西ドイツの山林地帯の名称となっている。その代表的樹種が針葉樹のモミとドイツトウヒであり,しかも北ヨーロッパの国々のドイツトウヒの森が緯度と日照の関係から〈針のように〉細長く生長するのに対し,うっそうと茂り巨木をなすからだともいう。俗に赤モミとも呼ばれるトウヒこそ,林学が盛んなドイツにおいて過去約200年間に最も多く植林されてきた樹種で,現在,旧西ドイツの森林面積の40%以上を占めている。…

※「トウヒ(唐檜)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トウヒ(唐檜)の関連キーワードシラベ赤樫亜高山帯銀露梅米栂朝鮮五葉這松琉球松オオシラビソクルマユリ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone