コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トキソウ

百科事典マイペディアの解説

トキソウ

北海道〜九州,東アジア湿原にはえるラン科多年草であるが,四国,九州には稀。茎は横走する根茎から直立し,高さ20cm内外,中央付近に披針形のやや直立する1枚の葉がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トキソウ【Pogonia japonica Reichb.f.】

湿原に群生する小型のラン(イラスト)。和名は花色をトキ(朱鷺)になぞらえたもの。地下茎は細長く横走し,ところどころから芽を出す。茎は高さ20cm前後,中央付近に1葉をつける。葉はやや直立し,狭長楕円形で長さ5~10cm。6~7月,茎の先端に淡紅紫色の花を1個つける。花は横向きに開き,径約2cm。萼片は平開し,花弁と唇弁は蕊柱(ずいちゆう)を包む。唇弁は3裂し,紅紫色の毛状突起が密生する。北海道から九州までの日本各地,さらに朝鮮,中国に分布し,温帯から亜寒帯の湿原に生育する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トキソウ
ときそう / 朱鷺草
[学]Pogonia japonica Reichb. f.

ラン科の多年草。根茎は横走する。茎は高さ15~30センチメートル。葉は茎の中部近くに1枚がやや直立してつき、狭長楕円(だえん)形で長さ5~10センチメートル。6~7月、茎の先端に径約2センチメートルの淡紅紫色花を1個開く。唇弁は3裂し、中裂片は倒卵形で大きく、毛状突起が密生する。距(きょ)はない。萼片(がくへん)はやや平開する。温帯から亜寒帯の湿原に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。名は、花色がトキ色であることによる。近縁のヤマトキソウは全体に小形で、花はほとんど開かない。近縁種が北アメリカ東部に隔離分布する。[井上 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トキソウの関連キーワードトキソウ(朱鷺草)猫魔ヶ岳倒卵形井上

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android