コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トコン(吐根) トコン ipecac

翻訳|ipecac

1件 の用語解説(トコン(吐根)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トコン【トコン(吐根) ipecac】

ブラジルの熱帯降雨林下にはえるアカネ科の木本状の草本(イラスト)。根を乾燥したものを薬用とし,このため熱帯地方で栽培される。木化した茎が長く地上をはい,地上茎は立ちあがり高さ10~40cm。葉は対生し楕円形,長さ5~9cm,先の分かれた托葉がある。根の一部が太くて連珠状となる。この部分を吐根として利用する。葉腋(ようえき)より短い花梗を出し,その先に十数個の花を頭状につける。花は5数性で放射相称,花冠は白く筒状漏斗形,子房は下位で2室,各室に一つの胚珠がつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トコン(吐根)の関連キーワードサバンナジャングル吐根ヤム熱帯降雨観測衛星熱帯降雨林熱帯林降雨林多雨林蔓蟻通

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone