コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トサカノリ

栄養・生化学辞典の解説

トサカノリ

 [Meristotheca papulosa].紅藻綱スギノリ目トサカノリ属の海藻.食用にする.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トサカノリ

紅藻類トサカノリ科の海藻。本州中部以南の太平洋沿岸,瀬戸内海九州地方に分布し,低潮線以下の岩上に生育する。高さ15〜30cm,体は扁平,肉質で不規則に叉状(さじょう)に分岐し,紅色で全体にニワトリとさかを思わせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

海藻海草標本図鑑の解説

トサカノリ

からだは膜状。分枝は不規則に叉状分枝。縁からは長さの不均一な小枝を多数副出する。小枝の先端も叉状分枝をする。体の髄部は糸状細胞がゆるく入り 組んでおり,皮層は内側に大きな多角形な細胞が配列し外側には小型の細胞が密に配列する。手触りは肉質で柔らかい。生体は鮮やかな紅色〜黄色がかったオレ ンジ。押し葉標本は台紙に良くつく。トサカノリは海藻サラダや刺身のツマなどの材料として頻繁に利用され,脱色する事により鮮やかな赤や緑や白などさまざまな色合いを出している。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トサカノリ【Meristotheca papulosa (Mont.) J.Ag.】

ニワトリのとさかを思わせる紅色,肉質の美しい紅藻で,日本では関東地方以南の太平洋沿岸および九州西岸の低潮線下よりやや深いところの海底に生育する(イラスト)。体は厚みのある膜質で,不規則に叉(さ)状に分岐し全体は扇形となるが,側部より枝状突起を出し,また成熟すると半球状の囊果を縁辺に多数つけるので,体形は変化しやすい。大きさは10~30cmになる。海藻サラダなどの材料として市販されるトサカノリには紅色,緑色および無色の3種類があるが,いずれも同一種で,緑色のものは細胞内の紅色の色素フィコビリンが退色してクロロフィルの残っているもの,無色のものはクロロフィルも退色してしまったものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トサカノリ
とさかのり / 鶏冠菜
[学]Meristotheca papulosa J. Agardh

紅藻植物、ミリン科の多年生海藻。柔らかい扁平(へんぺい)膜質の葉状体で、きれいな赤紅色を呈する。名の由来は、縁辺が不規則に裂開し、各頂部はとさか状の突出をもつことによる。古名では鳥坂苔をあてている。体の大きさ10~30センチメートル。房総半島以西の温海・暖海の外海、10メートル以浅の海底に周年生育する。とくに暖海域に多産し、古くから刺身のつまなどで食用とされていたが、ことに近年は海藻サラダなどとよばれて食品的利用が高まっている。[新崎盛敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトサカノリの言及

【海藻】より

…今日,食用にされるものは約100種にのぼる。日本の主な食用海藻としては緑藻類のアオサ,アオノリ,ヒトエグサ,ミル,イワヅタ,褐藻類のコンブ,ワカメ,アラメ,モズク,ヒジキ,ハバノリ,マツモ,紅藻類のアサクサノリ,スサビノリ,オゴノリ,トサカノリ,オキツノリ,キリンサイ,ウシケノリなどがある。
[分布]
 海藻の水平分布には温度が関係し,寒海域では大型の褐藻とくにコンブ類が優占するが種数は多くない。…

※「トサカノリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トサカノリの関連キーワードキリンサイ(麒麟菜)ノリ(海苔)暖海海苔

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トサカノリの関連情報