トバ湖(読み)トバこ(英語表記)Danau Toba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トバ湖
トバこ
Danau Toba

インドネシア,スマトラ島北西部,バリサン山脈中にある同国最大の湖で,カルデラ湖面積 1300km2,最大水深 411m。中央にあるサモシル島 (面積 530km2) は西岸と細い地峡でつながり,バタック族が農業,牧畜を行なっている。標高 900mに位置し,年平均気温 25℃と比較的涼しいため,20世紀初めから避暑地として知られ,湖畔は観光・保養地となっている。東岸から流れ出るアサハン川には,日本の協力で 1980年代前半にダムと発電所が建設された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

トバ‐こ【トバ湖】

Danau Toba》インドネシア、スマトラ島北部のバリサン山脈にあるカルデラ湖。南北84キロメートル、東西24キロメートル、同国最大の湖であり、湖中にサモシール島が北西から南東にかけて横たわる。湖畔の主な町はパラパットバタック人が多く居住し、舟形の屋根をもつ伝統的な家屋が見られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

トバこ【トバ湖】

〔Toba〕 インドネシア、スマトラ島の北部バリサン山脈中にあるカルデラ湖。美しい景観で有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トバ湖
とばこ
Danau Toba

インドネシア、スマトラ島北部のバリサン山脈にある大カルデラ湖。南北84キロメートル、東西24キロメートル、面積1460平方キロメートル。インドネシア最大の湖で琵琶(びわ)湖の2倍の広さがある。最大深度は903メートルで世界第8位、水面の標高は906メートル、透明度は11.5メートルである。湖中には600平方キロメートルの面積をもつサモシール島がほぼ南北に細長く横たわっている。湖畔には保養地のパラパット、北方の高原にはブラスタギがあり、国際的な観光地となっている。同湖からマラッカ海峡に流出するアサハン川は、日本の援助による電源開発が進められた。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トバ湖の関連情報