コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリサン山脈 バリサンさんみゃくPegunungan Barisan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バリサン山脈
バリサンさんみゃく
Pegunungan Barisan

インドネシア,スマトラ島のインド洋岸に連なる山脈アルプスヒマラヤ造山帯の一部で,島の北西端から南東沖のクラカタウ火山まで,1600km以上にわたる。最高峰クリンチ山 (3805m) をはじめ 90の火山があり,うち 12は活火山。並行して走るいくつかの山脈から成り,間には広い谷や高原,湖がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バリサン‐さんみゃく【バリサン山脈】

Pegunungan Barisan》インドネシア、スマトラ島西岸を走る脊梁(せきりょう)山脈。北西から南東まで約1700キロメートルを貫き、最高峰のクリンチ山をはじめ、12の活火山が並ぶ。カルデラ湖のトバ湖など、火山性の地形が多い。またパダン高原やバタク高原は温和な気候に恵まれ、古くから人口が集中した。バリサーン山脈。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バリサン山脈
ばりさんさんみゃく
Pegunungan Barisan

インドネシア西部、スマトラ島の西岸沿いを走る大山脈。全長1600キロメートル。最高峰はクリンチ火山(3805メートル)で山脈のほぼ中央部にそびえる。12の活火山を含むおよそ90の火山錐(すい)が連なり、その間にトバ湖をはじめ数多くの湖が散在する。また、ガヨ、バタク、パダンなどの高原は温和な気候に恵まれ、スマトラ島でもっとも人口稠密(ちゅうみつ)な地域である。山脈の東麓(とうろく)は緩く傾斜しており、数条の大河川が流れ広大な平野を展開している。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バリサン山脈の関連キーワードクリンチスブラット国立公園スマトラの熱帯雨林遺産世界のおもな局地風プマタンシアンタルスマトラスラタン州スマトラウタラ州クリンチ[山]スマトラ[島]ブキティンギインドネシアトバ[湖]スマンカ湾ジャンビ州ムシ[川]デンポ火山ランポンリアウ州ジボルガデンポ山シボルガ

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android