コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリサン山脈 バリサンさんみゃく Pegunungan Barisan

3件 の用語解説(バリサン山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バリサン山脈
バリサンさんみゃく
Pegunungan Barisan

インドネシア,スマトラ島インド洋岸に連なる山脈。アルプスヒマラヤ造山帯の一部で,島の北西端から南東沖のクラカタウ火山まで,1600km以上にわたる。最高峰クリンチ山 (3805m) をはじめ 90の火山があり,うち 12は活火山

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バリサン‐さんみゃく【バリサン山脈】

Pegunungan Barisan》インドネシア、スマトラ島西岸を走る脊梁(せきりょう)山脈。北西から南東まで約1700キロメートルを貫き、最高峰のクリンチ山をはじめ、12の活火山が並ぶ。カルデラ湖トバ湖など、火山性の地形が多い。またパダン高原バタク高原は温和な気候に恵まれ、古くから人口が集中した。バリサーン山脈。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バリサン山脈
ばりさんさんみゃく
Pegunungan Barisan

インドネシア西部、スマトラ島の西岸沿いを走る大山脈。全長1600キロメートル。最高峰はクリンチ火山(3805メートル)で山脈のほぼ中央部にそびえる。12の活火山を含むおよそ90の火山錐(すい)が連なり、その間にトバ湖をはじめ数多くの湖が散在する。また、ガヨ、バタク、パダンなどの高原は温和な気候に恵まれ、スマトラ島でもっとも人口稠密(ちゅうみつ)な地域である。山脈の東麓(とうろく)は緩く傾斜しており、数条の大河川が流れ広大な平野を展開している。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バリサン山脈の関連キーワード統一マレー人国民組織UMNOスディルマン山脈オランニエ山脈ジャヤビジャヤ山脈ブキットバリサンスランタン国立公園マオケ山脈

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone