コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルデラ湖 カルデラこcaldera lake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルデラ湖
カルデラこ
caldera lake

カルデラ湛水した湖沼。カルデラ湖の第1の特色は,非常に深い湖が多く,火口湖に比べてその規模もはるかに大きいことである。アメリカ合衆国オレゴン州にあるクレーター湖(→クレーターレーク国立公園)は最大水深 592mをもつアメリカ第1位の深湖である。日本では田沢湖(423m)をはじめとして,支笏湖(360m),十和田湖(327m),池田湖(233m),摩周湖(211m)など第5位までの深湖はすべてカルデラ湖である。第2の特色は,湖水が栄養塩類に乏しく,プランクトン成育が貧弱な貧栄養湖が多いことである。しかしこのことは,透明度の高い澄んだ湖が多いということにも通じる。摩周湖の透明度は 20m前後で,ロシアのバイカル湖とともに世界で最も透明度の高い湖の一つである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カルデラ湖【カルデラこ】

火山地域の地盤がなべ状に陥没してできた湖。日本に多く,十和田湖田沢湖など著名な深い湖はこれに属している。
→関連項目阿寒国立公園池田湖構造湖沼沢湖

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

カルデラこ【カルデラ湖】

カルデラに水がたまってできた湖。十和田湖や摩周湖ましゆうこなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルデラ湖
かるでらこ

カルデラcaldera(火山性の火口状凹地で直径が約2キロメートルより大きいもの)の全部ないしは大半に水をたたえた湖。湖盆を形成するカルデラは陥没によって生じることが多く、ほかに火山爆発や侵食などの成因も考えられている。カルデラ床のほとんどに湛水(たんすい)している場合をさし、カルデラの一部だけを占める火口原湖(例、榛名湖(はるなこ)・芦ノ湖(あしのこ))とは区別される。湖岸から急に深くなり、湖底が平坦(へいたん)で広いことは火口湖と同じで、面積のわりに深度は大きい。
 湖盆の形態は、秋田県の田沢湖やアメリカ合衆国のクレーター・レーク国立公園にあるカルデラ湖クレーター・レークのように円形のこともあり、中央火口丘の噴出のため北海道の摩周湖や支笏湖(しこつこ)のように勾玉(まがたま)状をなしたり、湖底に火山島をもつため北海道の洞爺湖(とうやこ)のように環状となることもある。十和田湖は、カルデラと火山島や半島の火口とが連結したために湖岸線が不規則となった例である。日本の深い湖の大部分はカルデラ湖である。[森 和紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカルデラ湖の言及

【湖沼】より

…一般に表面からの水の流出口がない。(b)カルデラ湖 火山の爆発や陥没などにより生じたなべ状の陥没凹地内にできた湖で,火口湖より大きい。十和田湖,田沢湖,摩周湖,北アメリカのクレーター湖などがその例で,深い湖が多い。…

※「カルデラ湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カルデラ湖の関連キーワードカステルガンドルフォ支笏洞爺国立公園ブラッチアーノ湖マウントガンビアジェンツァーノマニンジャウ湖アンノボン島タール[山]ブルーレークサンミゲル島ボルセーナ湖リンジャニ山火山国立公園トバ[湖]トンダノ湖金山[町]ブラタン湖アマルガ湖ロトルア湖ネムルト湖

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルデラ湖の関連情報