コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トヤマエビ トヤマエビ Pandalus hypsinotus

3件 の用語解説(トヤマエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トヤマエビ
トヤマエビ
Pandalus hypsinotus

軟甲綱十脚目タラバエビ科。体長 20cm。額角上縁に 20棘,下縁に 8~10棘ある。体は淡褐色で,腹部の各節には赤褐色の横縞がある。雄性先熟の性転換をし,孵化後 2年目に雄,3年目の春には雌になり,その年の 5月頃産卵し,10~11ヵ月間抱卵する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トヤマエビ
とやまえび / 富山蝦
coonstripe shrimp
[学]Pandalus hypsinotus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目タラバエビ科に属するエビ。食用エビで、富山湾で多量に漁獲されるためにこの名がある。寒海性で、日本海全域からベーリング海の水深100~350メートルにかけて分布し、各地で漁獲される。体長20センチメートルに達し、淡紅色で、頭胸部と腹部に濃色の横縞(よこじま)がある。額角(がっかく)は頭胸甲の約1.5倍で、上縁の後半部から頭胸甲上に17~20本、下縁は全長にわたって8~10本の棘(とげ)が並んでいる。タラバエビ類の共通の特徴として雄性先熟の性転換を行うが、2年目に10センチメートル内外で雄として成熟し、3年目の春には12~13センチメートルで雌になる。寿命は4、5年と推定される。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トヤマエビの関連キーワード軟甲類富山海老沼海老北海海老藜海老乙姫蝦桜蝦芝海老牡丹海老ホッカイエビ(北海蝦)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone