コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トライボロジー tribology

翻訳|tribology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トライボロジー
tribology

ギリシア語の摩擦を意味するτριβη´を語源とする学術用語で,直訳すれば「摩擦学」になる。 1960年代半ばからイギリスで使われ始めた用語で,「相対運動をしながら互いに干渉し合う2面,ならびにそれに関連した諸問題と実地応用に関する科学と技術」と定義される。従来の摩擦や潤滑などの学問分野との本質的な差異はほとんどみられないが,強いていえば,経済や経営管理との関連をも強調した広義の潤滑に関する学問と技術であると解釈される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

トライボロジー(tribology)

二つの物体が互いに滑り合うような運動をしたときの、接触面に生じる摩擦・摩耗・潤滑の現象やその過程を対象とする応用力学の一分野。摩擦学。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

トライボロジー

機械などの摩擦潤滑の問題を総合的に取り扱う学問分野。摩擦や潤滑の問題の重要性は古くから知られていたが,それが科学的研究と結びつくのは19世紀末以降であり,本質が理解されるようになったのは20世紀に入ってからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

トライボロジー【tribology】

二つの物体がそれらの接触面に沿って相対運動するとき、接触面に現れる摩擦・摩耗・潤滑などの力学現象を研究する応用力学の分野。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のトライボロジーの言及

【潤滑】より

…例えば流体潤滑理論の基礎が築かれたのは19世紀末であり,摩擦や境界潤滑の本質が理解されるようになったのは20世紀に入ってからである。摩擦,潤滑の研究は近年とくに盛んになっており,これらの問題を総合的に扱う学問分野をトライボロジーtribologyと呼ぶようになっている。
[潤滑の状態]
 摩擦面の潤滑の状態は,流体潤滑と境界潤滑とに大別される。…

※「トライボロジー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トライボロジーの関連キーワード日本トライボロジー学会平野 富士夫曽田 範宗ギリシア語加藤康司機械工学堀幸夫

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トライボロジーの関連情報