コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トライボロジー トライボロジーtribology

翻訳|tribology

4件 の用語解説(トライボロジーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トライボロジー
トライボロジー
tribology

ギリシア語の摩擦を意味するτριβη´を語源とする学術用語で,直訳すれば「摩擦学」になる。 1960年代半ばからイギリスで使われ始めた用語で,「相対運動をしながら互いに干渉し合う2面,ならびにそれに関連した諸問題と実地応用に関する科学と技術」と定義される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

トライボロジー(tribology)

二つの物体が互いに滑り合うような運動をしたときの、接触面に生じる摩擦・摩耗・潤滑の現象やその過程を対象とする応用力学の一分野。摩擦学。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

トライボロジー

機械などの摩擦潤滑の問題を総合的に取り扱う学問分野。摩擦や潤滑の問題の重要性は古くから知られていたが,それが科学的研究と結びつくのは19世紀末以降であり,本質が理解されるようになったのは20世紀に入ってからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

トライボロジー【tribology】

二つの物体がそれらの接触面に沿って相対運動するとき、接触面に現れる摩擦・摩耗・潤滑などの力学現象を研究する応用力学の分野。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のトライボロジーの言及

【潤滑】より

…例えば流体潤滑理論の基礎が築かれたのは19世紀末であり,摩擦や境界潤滑の本質が理解されるようになったのは20世紀に入ってからである。摩擦,潤滑の研究は近年とくに盛んになっており,これらの問題を総合的に扱う学問分野をトライボロジーtribologyと呼ぶようになっている。
[潤滑の状態]
 摩擦面の潤滑の状態は,流体潤滑と境界潤滑とに大別される。…

※「トライボロジー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トライボロジーの関連情報