コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラザメ Scyliorhinus torazame

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラザメ
Scyliorhinus torazame

メジロザメ目トラザメ科の海水魚。全長 50cmになる。頭部と胴部は肥大し,縦扁する。腹面は平坦。吻は短く,円鈍である。体色黄褐色で,斑紋がある。卵生。北海道南部から東シナ海,朝鮮半島東岸,黄海ポー(渤)海フィリピンに分布し,沿岸の海底に生息する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラザメ
とらざめ / 虎鮫
catshark

軟骨魚綱サメ目トラザメ科の総称、またはそのなかの1種。熱帯から温帯の沿岸および深海に分布する。小形のサメで、第1背びれが腹びれ上方またはその後方に位置すること、臀(しり)びれがあることなどが特徴。一部を除いて卵生。多くの種がある。トラザメScyliorhinus torazameは、北海道南部以南の日本各地の沿岸域に分布する。小形種で、大きくても全長50センチメートルにしかならない。ほぼ一年中、長さ5センチメートルくらいのキチン質の卵殻に入った卵を2個ずつ産むが、この卵殻は長方形で四隅にコイル状の長い糸があり、それで海藻などに絡みつく。子は約1年で7センチメートルくらいに成長して孵化(ふか)する。雑食性で底生動物などのほか、陸生の植物なども食べる。産業的にはまったく利用されていない。近縁種のナヌカザメCephaloscyllium umbratileは、全長1メートルを超える大形種で、水を吸い込んで腹をフグのように膨張させることができる。ヤモリザメ属GaleusやイモリザメParmaturus pilosusは、尾びれ背側に大形鱗列(りんれつ)をもち、比較的深海性である。ヘラザメ属Apristurusは、トラザメ科のサメのなかではもっとも深海性である。[仲谷一宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トラザメの関連キーワードナガサキトラザメトラザメ(虎鮫)ヤモリザメナヌカザメイタチザメ長崎虎鮫軟骨魚類ヘラザメ守宮鮫七日鮫骸骨鮫篦鮫虎鮫

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トラザメの関連情報