コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラピスト トラピスト Trappists

2件 の用語解説(トラピストの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

トラピスト(Trappists)

カトリック修道会の一。厳律シトー会の俗称。1664年、フランスシトー会ラ‐トラップ修道院改革に始まり、1892年に分離して独立の修道会となった。典礼を重んじ、沈黙・禁欲・観想・菜食の戒律を厳格に守り、農業労働の共同生活をする。日本には明治29年(1896)に伝えられた。→シトー会
[補説]国内では、北海道北斗市・大分県日出町にトラピスト修道院(男子)、北海道函館市・栃木県那須町・兵庫県西宮市佐賀県伊万里市大分県宇佐市にトラピスチヌ修道院(女子)がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

トラピスト【Trappist】

キリスト教の修道会の一。正称、厳律シトー修道会。一七世紀後半、フランス、ノルマンディーのラ-トラップ修道院長ド=ランセがシトー会を改革して始めた。1892年にシトー会から独立。酪農などの労働に従事し、絶対の沈黙・共住生活を守る。1896年(明治29)に日本へ伝えられ、男子は北海道当別町などに、女子(トラピスチン)は函館市などに修道院をもつ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトラピストの言及

【トラピスト修道会】より

…正式には1899年以来改革シトー会Ordo Cisterciensium Reformatorum,1902年以来厳律シトー会Ordo Cisterciensium Strictioris Observantiaeと称される。トラピストはフランス,ノルマンディーのオルヌ県にあるその改革修道院ラ・トラップLa Trappeから出た親称。同院はランセArmand‐Jean Le Bouthillier de Rancé(1626‐1700)が1664年シトー会の本来の修道生活を遵守しながら,厳格さを加えて改革した。…

※「トラピスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トラピストの関連キーワード騎士修道会修道会着衣式トラピスト修道会フランチェスコフランチェスコ修道会ベネディクト修道会カタコンベデイカプチーニクルクアウグスティヌス会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トラピストの関連情報