トラピスト(英語表記)Trappists

デジタル大辞泉の解説

トラピスト(Trappists)

カトリック修道会の一。厳律シトー会俗称。1664年、フランスのシトー会ラ‐トラップ修道院改革に始まり、1892年に分離して独立の修道会となった。典礼を重んじ、沈黙・禁欲観想菜食戒律を厳格に守り、農業労働の共同生活をする。日本には明治29年(1896)に伝えられた。→シトー会
[補説]国内では、北海道北斗市・大分県日出町にトラピスト修道院(男子)、北海道函館市・栃木県那須町・兵庫県西宮市佐賀県伊万里市大分県宇佐市にトラピスチヌ修道院(女子)がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

トラピスト【Trappist】

キリスト教の修道会の一。正称、厳律シトー修道会。一七世紀後半、フランス、ノルマンディーのラトラップ修道院長ド=ランセがシトー会を改革して始めた。1892年にシトー会から独立。酪農などの労働に従事し、絶対の沈黙・共住生活を守る。1896年(明治29)に日本へ伝えられ、男子は北海道当別町などに、女子(トラピスチン)は函館市などに修道院をもつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

トラピスト

〘名〙 (trappiste) カトリックの修道会の一派、「厳律シトー修道会」の俗称。一七世紀、ランセがフランス、ノルマンディーのラ‐トラップ修道院を改革したことに始まる。労働、荘厳な祭式、沈黙の厳守、禁欲的共同生活などに特色がある。明治二九年(一八九六)に日本に伝来。
※美的生活を論ず(1901)〈高山樗牛〉六「トラピストの例に見よ、彼等は無言の行者也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のトラピストの言及

【トラピスト修道会】より

…正式には1899年以来改革シトー会Ordo Cisterciensium Reformatorum,1902年以来厳律シトー会Ordo Cisterciensium Strictioris Observantiaeと称される。トラピストはフランス,ノルマンディーのオルヌ県にあるその改革修道院ラ・トラップLa Trappeから出た親称。同院はランセArmand‐Jean Le Bouthillier de Rancé(1626‐1700)が1664年シトー会の本来の修道生活を遵守しながら,厳格さを加えて改革した。…

※「トラピスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トラピストの関連情報