トラファルガーの海戦(読み)トラファルガーのかいせん

  • Trafalgar

百科事典マイペディアの解説

1805年10月21日,ネルソン指揮下の英国艦隊が,フランススペイン連合艦隊を,ジブラルタル海峡北西のトラファルガーTrafalgar岬沖で破った戦い。ナポレオン1世の英国本土上陸の企図を粉砕,英国の制海権掌握を決定したが,ネルソンは旗艦ビクトリー号上で銃弾を受け戦死。
→関連項目ナポレオン戦争ペレス・ガルドスポーツマス(イギリス)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナポレオン戦争一転機となった歴史的な海戦。1805年10月21日,スペインの南西岸トラファルガルTrafalgar岬(英名トラファルガー岬)の沖合で,ネルソン提督率いるイギリス艦隊とビルヌーブ提督指揮するフランス・スペイン連合艦隊との間に戦われ,イギリス軍の大勝に終わった。この海戦の勝利により,イギリスはヨーロッパの制海権を確立し,ナポレオンのイギリス本土侵攻の野望を打ち砕いた。なおネルソンは,この戦いの最中に銃弾を受け死亡した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

1805年10月21日、イベリア半島南西部のトラファルガーTrafalgar岬の沖で、ネルソンのイギリス艦隊がビルヌーブPierre Charles Jean, Baptiste Sylvestre de Villeneuve(1763―1806)提督指揮のフランス・スペイン連合艦隊を撃破した海戦。スペインの港カディスに停泊中のビルヌーブの艦隊がナポリに出撃することを察知したネルソンは、カディス近くのトラファルガー岬沖で待ち受けた。戦艦33隻からなるビルヌーブの艦隊はイギリス艦隊を認めると北に針路を変え、これに対してネルソンは27隻のイギリス艦隊を、自らの直率する15隻と副司令官コリングウッドCuthbert Collingwood(1748―1810)の指揮する12隻の二隊に分け、旗艦ビクトリー号に「イギリスは各員が義務を果たすことを期待する」との信号を掲げて西から接敵し、敵艦隊を分断し攻撃。その結果、沈没艦ゼロ、戦死約1600人に対し、敵艦の撃沈5、捕獲17、戦死約8000人という大勝利を得たが、ネルソン自身は艦上で戦死した。この海戦により、ナポレオンはイギリス上陸を断念した。

[松村 赳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(トラファルガーはTrafalgar) 一八〇五年一〇月、ネルソン提督の率いるイギリス艦隊が、イベリア半島南端のトラファルガー岬沖合で、フランス‐スペイン連合艦隊に大勝した海戦。ネルソンは戦死したが、イギリスは制海権を握り、ナポレオンのイギリス上陸作戦は挫折した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1805年10月21日,ネルソンの率いるイギリス艦隊がフランス・スペインの連合艦隊を壊滅させた海戦
これによってナポレオン1世のイギリス上陸作戦は挫折した。トラファルガー岬はスペインの南西端,カディス港の近くにある。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のトラファルガーの海戦の言及

【海軍】より

…〈交易は戦争の一形態〉と見たコルベールによって海軍拡張が強行され,七年戦争(1756‐63),フランス革命戦争,ナポレオン戦争(1796‐1815)など,19世紀初頭にいたるまでイギリスの脅威となる。だがイギリスはトラファルガー(トラファルガル)の海戦(1805)をはじめとする海戦でフランスの挑戦をしりぞけた。この海戦は,帆走船時代の海戦の最大かつ最後のものとなった。…

※「トラファルガーの海戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android