コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリニダード島 トリニダードとう Trinidad Island

2件 の用語解説(トリニダード島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリニダード島
トリニダードとう
Trinidad Island

西インド諸島東部,小アンティル諸島南東端,ベネズエラ北東岸沖にある島。面積 4828km2。北東約 30kmにあるトバゴ島とともにトリニダード・トバゴ共和国を構成。北西岸に首都ポートオブスペインがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリニダード島
とりにだーどとう
Trinidad

カリブ海南東端、ベネズエラの北東沖にある島。面積4821平方キロメートル、人口128万2100(2001推計)。トリニダード・トバゴの主島で、首都ポート・オブ・スペイン(人口4万3396、1996)もこの島にある。低平な三つの山地が東西に走り、中央部の山地と北部の山地との間には平野がある。東部と西部の沿岸の一部はマングローブの茂る湿地帯である。北東貿易風の通路にあたり、年降水量は北部山地の東端では3800ミリメートルにも達するが、西海岸沿いでは1500ミリメートル程度になる。ポート・オブ・スペインの年平均気温は約25℃。
 西インド諸島のなかではプエルト・リコに次いで工業化が進んでいる島で、その中心となっているのが石油の採掘と精製である。島の南西部にあるピッチ湖は世界最大の天然アスファルトの産地であり、その周辺には多数の油田がある。そのほか、石油化学、繊維・織物、食品加工の工業も行われる。島の西部を中心にサトウキビ、カカオ、ココナッツが栽培される。サトウキビ・プランテーションの労働者として黒人やインド人が導入されたために、彼らの子孫が全住民の約80%を占める。[菅野峰明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリニダード島の関連キーワード小アンティル諸島大アンティル諸島西インド諸島バージン諸島アンティル[諸島]ウィンドワード[諸島]小アンティル[諸島]大アンティル[諸島]バージン[諸島]リーワード[諸島]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トリニダード島の関連情報