コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレード・ユニオニズム トレードユニオニズム

2件 の用語解説(トレード・ユニオニズムの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トレード・ユニオニズム

組合主義,労働組合主義とも。労働組合運動の中心目標を労働者の労働条件の維持・改善等の経済闘争におき,資本主義体制そのものに対する政治闘争を排除する考え方。英国の労働運動に特徴的。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トレード・ユニオニズム
とれーどゆにおにずむ
trade-unionism

日本では「労働組合主義」と訳されることもあるが、この用語発生の地たるイギリスでの本来の意味では、「労働組合運動」という訳が適切である。19世紀後半イギリスで盛んであった職業別組合の運動をさしてよばれ始めた。なぜなら、英語のtradeには本来、職業(職種)といった意味があるからである。そうした職業(職種)別を基礎に組織されている伝統が強いがゆえに、今日も使われている。トレード・ユニオニズムは、何々主義といったイデオロギー意味するものではない。すなわち政治運動などとは区別される固有な運動領域を表現するものとして、このことばが使われてきた。
 なお、フランス語の「サンジカリズムsyndicalisme」は、フランスでは労働組合運動ないし労働組合主義を意味するが、ほかの国ではおもに無政府主義と結び付いた革命的労働組合運動・思想をさし、トレード・ユニオニズムとは区別される。日本で、トレード・ユニオニズムがいわゆる労働組合主義として運動上での意味をもったのは、第二次世界大戦後の高度成長期以降であった。経済成長とともに、組合の経済機能が拡大、重視される傾向が強まったが、それを意識的に表現するものとして、この用語も広まり、そこに日本的特殊性があった。[早川征一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トレード・ユニオニズムの関連キーワード組合主義経済主義新産別全労会議総評労働世界黄色組合赤色組合AFL日本郵政グループ労働組合

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone