コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロナ trona

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロナ
trona

天然ソーダの一つ。重曹石,重炭酸ソーダ石ともいう。 Na3H(CO3)2・2H2O 。単斜晶系。比重 2.11~2.14,硬度 2.5~3。古代エジプトにおいて用いられた最古のソーダである。エジプトのほか,ハンガリー,アフリカ,アメリカ (ネバダ州) に多く産する。白ないし灰色または黄色でガラス光沢のある結晶。柱状塊状あるいは繊維状で産する。塩湖畔の泥中に産し,また岩石上の皮殻あるいは塊状層として産出する。石鹸,ガラスなどソーダ工業の重要な天然原料。トロナはスウェーデン語で天然炭酸ソーダ (Natron) の意味。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のトロナの言及

【天然ソーダ】より

…ケニア,アメリカの天然ソーダのみは工業的に利用されている。鉱床はトロナtronaと称し,成分はNa2CO3・NaHCO3・2H2O(セスキ炭酸ナトリウム)である。採掘,焙焼,水溶解,再結晶などの精製工程を施して,炭酸ナトリウムを製造する。…

※「トロナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トロナの関連キーワードKuala Lumpur City Centerモハマド ナジブ・アブドル・ラザクネバーエンディング・ストーリーパトロナ鉱(データノート)パトロナ・ハリルの反乱ナウエル・ウアピ[湖]ペトロナスツインタワーモンテ・カッシノ修道院パトロナ・ハリルの乱ケネディ宇宙センタークアラ・ルンプールイブラヒム・パシャチューリップ時代ニトロナフタレンペトロナスタワーアフメット3世ナフチルアミンシアーズタワーワイオミング州スリアKLCC

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android