コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロブリアンド諸島 トロブリアンドしょとう Trobriand Islands

3件 の用語解説(トロブリアンド諸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロブリアンド諸島
トロブリアンドしょとう
Trobriand Islands

別称キリウィナ Kiriwina諸島。パプアニューギニアニューギニア島の東端から北へ約 160kmのソロモン海にある島群。すべてサンゴ島。最大の島はトロブリアンド (キリウィナ) 島で,諸島の中心地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トロブリアンド‐しょとう〔‐シヨタウ〕【トロブリアンド諸島】

Trobriand Islands》パプアニューギニア、ソロモン海南部の諸島。正式名称キリウィナ諸島。主島キリウィナ島、カイレウナ島、バクタ島など、環礁の島々で構成される。クラとよばれる儀礼的交換が行われ、文化人類学者マリノフスキーの著作で有名になった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トロブリアンド諸島
とろぶりあんどしょとう
Trobriand Islands

パプア・ニューギニア南東部、ソロモン海のサンゴ島群。旧名キリウィナKiriwina諸島。面積440平方キロメートル、人口1万7425(1980)。主島キリウィナ島をはじめ、22の島からなる。中心地はロスイアLosuia(人口575)。主要作物はヤムイモ。島名は、1793年に来航したダントルカストー一行の一員の名に由来する。[谷内 達]

住民

人種的にはいちおうメラネシア人に分類されているが、皮膚の色や体躯(たいく)など変異が大きい。言語はオーストロネシア語系キリウィナ語。おもにヤムイモ、ほかにタロイモ、キャッサバなどの焼畑耕作が行われる。日常のタンパク源としては魚貝類を用い、儀礼用にブタを飼う。土地が肥えているために農作物のできはよく、余剰産物はかつて腐るにまかせたものだという。人々は四つの外婚単位としてのトーテム氏族のいずれかに属し、さらに氏族は1人の女性を共通の祖先と仰ぐいくつもの亜氏族に分かれる。亜氏族間には身分の上下があると同時に、それぞれの成員は特定の地域に集中している。この亜氏族システムと関連して、人々の間には身分の上下があり首長システムが存在する。これは、平等思想の強いメラネシアにおいては異色の社会システムであるといえよう。出自は母系であるが、夫方居住で、地位や富は母方伯(叔)父から甥(おい)に継承・相続される。トロブリアンド島民Trobriandersの名は、部族間の交換制度であるクラについて詳細に記述した人類学の古典的名著『西太平洋の遠洋航海者』Argonaut of the Western Pacific(マリノフスキー著・1922)によって一躍有名になった。最近では旅行土産(みやげ)用の木彫によっても名を知られ、現地の人々はこれから現金収入を得ている。[山本真鳥]
『マリノフスキー著、寺田和夫・増田義郎訳『西太平洋の遠洋航海者』(『世界の名著59 マリノフスキー、レヴィ=ストロース』所収・1967・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トロブリアンド諸島の関連キーワードAustral IslandsBonin IslandsDiomede IslandsEllice IslandsSomers IslandsSociety IslandsRatak IslandsRalik IslandsPrinces IslandsMarquesas Islands

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone