コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロヤ群 トロヤぐん Trojan group

4件 の用語解説(トロヤ群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロヤ群
トロヤぐん
Trojan group

木星と同じ軌道を公転する一群の小惑星。太陽からみて,木星の 60°前および 60°後方の,ラグランジュ重力平衡点に群がっており,太陽,木星と正三角形をなす位置にある。三体問題の特殊な場合として説明される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トロヤ‐ぐん【トロヤ群】

小惑星の分類の一。ある惑星の公転軌道上にあり、太陽と惑星を結ぶ線に対して60度離れた位置に分布するもの。ふつう木星の公転軌道上の小惑星を指し、木星のトロヤ群ともいう。天体力学的に安定なラグランジュ点のL4とL5付近として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

トロヤぐん【トロヤ群】

太陽・木星を結ぶ線を底辺とする正三角形の頂点付近を秤動運動をしている小惑星群。木星とほぼ同じ公転周期をもつ。アキレス・パトロクロスなどトロイ戦士の名がつけられた数百個が知られている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トロヤ群
とろやぐん
Torojan group

小惑星群の名。木星軌道上で木星と太陽を結ぶ線に対し60度離れた位置は、木星の平均運動一対一の尽数(じんすう)関係にあり、天体力学的に安定な軌道であることが知られている(ラグランジュ点という)。そこに番号のついた小惑星が少なくとも22個存在する(小さいものまで含めれば何百という小惑星が存在すると考えられる)。それらの小惑星のことをトロヤ群小惑星という。木星の進行方向に対し前方の位置には後方に比べ3倍も多くの小惑星が存在するが、その理由はよくわかっていない。大きな小惑星は前方に多い。これらの小惑星はラグランジュ点に密集しているわけではなく、その前後に振動しており、なかには20度も振動するものがある。トロヤ群中、最大の小惑星は624番ヘクターで、小惑星全体では21番目に大きく、その形はもっともいびつで、150キロ×300キロメートルである。[松井孝典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トロヤ群の関連キーワード視太陽太陽神太陽神話視太陽時真太陽時真太陽日太陽族太陽灯・太陽燈太陽儀太陽圏

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トロヤ群の関連情報