コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロヤ群 トロヤぐんTrojan group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロヤ群
トロヤぐん
Trojan group

木星と同じ軌道を公転する一群の小惑星。太陽からみて,木星の 60°前および 60°後方の,ラグランジュの重力平衡点に群がっており,太陽,木星と正三角形をなす位置にある。三体問題の特殊な場合として説明される。これに属するおもな小惑星にはアキレスパトロクルスヘクターなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

トロヤぐん【トロヤ群】

太陽・木星を結ぶ線を底辺とする正三角形の頂点付近を秤動運動をしている小惑星群。木星とほぼ同じ公転周期をもつ。アキレス・パトロクロスなどトロイ戦士の名がつけられた数百個が知られている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トロヤ群
とろやぐん
Torojan group

小惑星群の名。木星軌道上で木星と太陽を結ぶ線に対し60度離れた位置は、木星の平均運動と一対一の尽数(じんすう)関係にあり、天体力学的に安定な軌道であることが知られている(ラグランジュ点という)。そこに番号のついた小惑星が少なくとも22個存在する(小さいものまで含めれば何百という小惑星が存在すると考えられる)。それらの小惑星のことをトロヤ群小惑星という。木星の進行方向に対し前方の位置には後方に比べ3倍も多くの小惑星が存在するが、その理由はよくわかっていない。大きな小惑星は前方に多い。これらの小惑星はラグランジュ点に密集しているわけではなく、その前後に振動しており、なかには20度も振動するものがある。トロヤ群中、最大の小惑星は624番ヘクターで、小惑星全体では21番目に大きく、その形はもっともいびつで、150キロ×300キロメートルである。[松井孝典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トロヤ群の関連キーワードラグランジュの特殊解IKAROS特異小惑星松井孝典公転周期ブラウンテミス族秤動底辺

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android