コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トローチ剤 トローチざい troche

翻訳|troche

3件 の用語解説(トローチ剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トローチ剤
トローチざい
troche

薬剤に砂糖を混ぜてアラビアゴムなどの結合剤で固めた錠剤。口内で徐々に溶けるようにつくり,局所効果と口内粘膜からの吸収を期待するもの。口内炎や咽喉炎などに用いる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トローチ剤【トローチざい】

口中錠とも。医薬品を白糖,芳香剤,結合剤などとともに円形,楕円形,長方形などの平板状の錠剤にしたもので,口中で徐々に溶解または崩壊させて,口腔,咽頭(いんとう),気管支などに適用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トローチ剤
とろーちざい
troches

医薬品に賦形剤、結合剤などの添加剤を加えて顆粒(かりゅう)状として、圧縮成型するか、医薬品に白糖などの賦形剤や結合剤、湿潤剤などの添加剤を加えて湿潤した塊をつくり、これを板状にして型で打ち抜いて乾燥する方法でつくられる。口の中で徐々に崩壊させて、口腔(こうくう)や咽頭(いんとう)などに適用する製剤で、かみ砕いてはいけない。口内炎などの治療に用いられる。抗生物質、殺菌剤、収斂(しゅうれん)剤などが主薬で、円盤状、環状、多角形などいろいろの形のものがある。主薬の局所作用を利用するもので口中錠ともいわれる。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトローチ剤の言及

【製剤】より

…したがって腸溶性製剤はかみくだいて服用してはならない。 口腔内に入れて利用する製剤には,舌下錠,バッカル錠,トローチ剤がある。舌下錠は粘膜を通してより速効的に,バッカル錠は粘膜を通してより持続的に,いずれも全身作用をあらわす。…

※「トローチ剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トローチ剤の関連キーワード口中錠シロップ剤製薬先発医薬品トローチ芳香剤薬品第一類医薬品第二類医薬品富田薬品

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone