コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トール石 トールセキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トール石
とーるせき
thorite

ネソ珪(けい)酸塩鉱物の一つ。正方錐(すい)状ないし錐をもつ正方柱状結晶をなすほか、塊状あるいは分解したものでは土状を呈する。放射能によってメタミクト(非晶質)化していることもある。花崗(かこう)岩質ペグマタイト、スカルン、熱水鉱脈中に産する。また漂砂鉱床中にもみいだされる。主産地はノルウェー、アメリカ、カナダ、マダガスカル、スリランカで、日本では微細なものが花崗岩質ペグマタイト中に少量産する。英名は、トリウムを含むことから命名された。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトール石の言及

【希元素鉱物】より

…IIA族ではベリリウムの鉱物で緑柱石Be3Al2Si6O18等。IIIA族では希土類元素の鉱物でモナザイトCePO4(Ceは軽希土類元素),ゼノタイムYPO4(Yはイットリウムおよび重希土類元素),アクチノイド元素の鉱物でトール石thorite ThSiO4センウラン鉱UO2等。IVA族ではジルコニウム,ハフニウムの鉱物でジルコンZrSiO4,ハフノンhafnon HfSiO4等。…

※「トール石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android