コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥンススコトゥス Johannes Duns Scotus

デジタル大辞泉の解説

ドゥンス‐スコトゥス(Johannes Duns Scotus)

[1266ころ~1308]英国のスコラ学者。フランチェスコ修道会士。トマス説に反対して、哲学理性)と神学信仰)を峻別(しゅんべつ)し、また人間に関して知性に対する意志の優位を説いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ドゥンススコトゥス【Johannes Duns Scotus】

1266頃~1308) イギリス生まれのスコラ哲学者。フランシスコ会士。トマス=アクィナスを批判。知性よりも意志を優位におき、神の絶対的能力や人間の意志の自由を強調。信仰と知識とを区別し、神に関する多くのことを論証の対象から外した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ドゥンススコトゥスの関連キーワードアクィナス論証

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android