コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥンススコトゥス Johannes Duns Scotus

デジタル大辞泉の解説

ドゥンス‐スコトゥス(Johannes Duns Scotus)

[1266ころ~1308]英国のスコラ学者。フランチェスコ修道会士。トマス説に反対して、哲学理性)と神学信仰)を峻別(しゅんべつ)し、また人間に関して知性に対する意志の優位を説いた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ドゥンススコトゥス【Johannes Duns Scotus】

1266頃~1308) イギリス生まれのスコラ哲学者。フランシスコ会士。トマス=アクィナスを批判。知性よりも意志を優位におき、神の絶対的能力や人間の意志の自由を強調。信仰と知識とを区別し、神に関する多くのことを論証の対象から外した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ドゥンススコトゥスの関連キーワードアクィナス論証

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android