コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥンススコトゥス ドゥンススコトゥスJohannes Duns Scotus

2件 の用語解説(ドゥンススコトゥスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドゥンス‐スコトゥス(Johannes Duns Scotus)

[1266ころ~1308]英国のスコラ学者。フランチェスコ修道会士。トマス説に反対して、哲学(理性)と神学(信仰)を峻別(しゅんべつ)し、また人間に関して知性に対する意志の優位を説いた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ドゥンススコトゥス【Johannes Duns Scotus】

1266頃~1308) イギリス生まれのスコラ哲学者。フランシスコ会士。トマス=アクィナスを批判。知性よりも意志を優位におき、神の絶対的能力や人間の意志の自由を強調。信仰と知識とを区別し、神に関する多くのことを論証の対象から外した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ドゥンススコトゥスの関連キーワード延慶ナポリ王国憲淳後二条天皇徳治パートタイム労働者戦争孤児衡山神学大全吾妻鏡

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone