コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥーリトル ドゥーリトル Doolittle, Amos

5件 の用語解説(ドゥーリトルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥーリトル
ドゥーリトル
Doolittle, Amos

[生]1754. ニューヘーブン近郊
[没]1833.1.31.
アメリカの版画家。『レキシントンの戦い』『大統領 G.ワシントンの就任式』など,おもにアメリカ独立戦争に取材した版画を制作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ドゥーリトル
ドゥーリトル
Doolittle, Hilda

[生]1886.9.10. ペンシルバニア,ベスレヘム
[没]1961.9.27. ジュネーブ湖付近
アメリカの女流詩人。筆名 H.D.パウンドとの交友関係からイマジズム運動に加わり,1913年にイギリスの詩人,作家 R.オールディントンと結婚,以後ヨーロッパに居住。 37年に離婚したが,イマジズムの主張に最も忠実な一人とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ドゥーリトル
ドゥーリトル
Doolittle, James Harold

[生]1896.12.14. カリフォルニアアラメダ
[没]1993.9.27. カリフォルニア,ペブルビーチ
アメリカ合衆国の飛行家,軍人,中将。第2次世界大戦中,最初の日本空襲を指揮した。 1929年世界最初の計器飛行を行ない,1931年アメリカ大陸横断飛行記録を樹立。 1932年陸上機としてのスピード世界記録を達成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドゥーリトル
どぅーりとる
Hilda Doolittle
(1886―1961)

アメリカの女流詩人。H・Dのイニシャルで知られる。ペンシルベニア州出身。1901年にエズラ・パウンドに出会ったことから文学に開眼、ギリシア古典文学の教養とイマジズムの美学を融合させて、硬質でイメージ豊かな短詩を創造した。1913年にイギリスの作家R・オルディントンと結婚したが、第一次世界大戦ショックが大きく、家庭生活は崩壊。1930年代にはウィーンに住むフロイトを、患者として訪ねる。『詩集』(1925)がもっとも有名だが、『天使への贈物』(1945)をはじめとする詩集『戦争三部作』は、イマジストからの脱却、変貌(へんぼう)を企てたものである。[徳永暢三]
『片瀬博子訳『海の園』(『世界名詩集大成11』所収・1959・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドゥーリトルの関連キーワードペンシルペンシルベニアペンシルハウスかしいかえんシルバニアガーデングラフペンシルベロシティペンシルPENCO シャープペンシルラッションペン シルバーペンシルベニア・バレエ団トランシルバニア・アルプス[山脈]

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドゥーリトルの関連情報