コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドクメンタ 〈ドイツ〉Documenta

デジタル大辞泉の解説

ドクメンタ(〈ドイツ〉Documenta)

ドイツのヘッセン州カッセルで開催される国際的な現代美術展。第1回は1955年で、4年または5年ごとに開かれる。授賞制度はなく、その回ごとに任命されるディレクターがテーマと全参加者の人選を行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ドクメンタ

ドイツのカッセル市で4年ごとに開催される国際美術展。ドイツ国民に世界の現代美術を紹介する目的で,1955年に第1回展が開催された。1960年の第2回展以降,4年ごとの開催となる。
→関連項目遠藤利克川俣正高松次郎原口典之李禹煥

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドクメンタ【Documenta】

ドイツのカッセルで,原則として4年ごとに開かれる国際美術展。同地の美術学校教授A.ボーデらの提唱で1955年創設。資金はヘッセン州とカッセル市からの援助,地元企業の寄付によるが,〈国境なき展覧会〉〈100日間の美術館〉を合言葉に,国別選考・展示をとらず,国際委員会が設定する主題と構成のもとに全招待作家を選考し,出品作に応じて建物を改造し,会場を拡大する。64年の第3回展までは回顧的傾向が見られたが,68年の第4回展で現代美術の最先端に集中し,同じころ警官隊や軍隊を動員して反対派を封じたベネチアや,サン・パウロのビエンナーレに比べて評価を高めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドクメンタ
どくめんた
documenta

ドイツのヘッセン州カッセル市で開催される国際美術展。1955年の第1回展以来、4~5年おきに開催され、97年に第10回展を迎えた。ナチスの文化政策と戦争とによって息をひそめ、国際水準から取り残されていた自国の美術を復活させることが当初の目的とされ、第1回展では、第二次世界大戦以前にナチスによって退廃芸術の烙印(らくいん)を押されたモダンアートが展示された。1960年の第2回展以降はアメリカの作品も加えられ、その後次第に規模を拡大してきた。現在ではベネチア・ビエンナーレとともに、世界の現代美術の最新の動向を紹介するもっとも重要な国際展となっている。ただし、ベネチア・ビエンナーレが国別にアーティストを選出し、審査によって賞を授与する一種のオリンピック的性格をもっているのに対して、ドクメンタは通例一人のディレクターがあるテーマのもとに全参加アーティストの人選を行う。そのためか人選が欧米系のアーティストに偏るむきがあるが、これまでに日本人としては荒川修作、河原温(かわらおん)、高松次郎、原口典之、川俣正、吉澤美香らが参加している。第10回展はフランスのカトリーヌ・ダビッドCatherine David(1954― )が女性として初めてディレクターを務めた。[大谷省吾]
『ヤン・フート他著、池田裕行訳『アートはまだ始まったばかりだ ヤン・フート ドクメンタ9への道』(1992・イッシプレス)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のドクメンタの言及

【ドイツ美術】より

…亡命した作家たちを通してパリやニューヨークの美術動向が伝えられ,ゲッツKarl Otto Götz(1914‐ )やゾンダーボルクK.R.H.Sonderborg(1923‐ )らのアクション・ペインティングのほか,50年代にはシュルツェBernhard Schultze(1915‐ )やシューマッハーEmil Schumacher(1912‐ )らのアンフォルメルの画家が現れた。今日4年おきにカッセルで開催されるドクメンタ展は,ドイツを中心として世界の現代美術の新しい試みの場として注目されている。 19世紀の彫刻は,建築や絵画におけるほどの盛況をみるにはいたらなかった。…

※「ドクメンタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドクメンタの関連キーワードクレメンテ(Francesco Clemente)ブルジョア(Louise Bourgeois)リヒター(Gerhard Richter)ニコライ(Carsten Nicolai)シャーマン(Cindy Sherman)ナウマン(Bruce Nauman)ヘリング(Keith Haring)ケリー(Mike Kelley)ファーブル(Yan Fabre)ビオラ(Bill Viola)アイネクライネナハトムジークバーネット ニューマンアルナルド ポモドーロマルレーネ デュマス欧州現代アートの祭典インゴ ギュンターロバート ライマントニー クラッグボルタンスキーT. バイルレ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドクメンタの関連情報