コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドジョウツナギ Glyceria ischyroneura; manna-grass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドジョウツナギ
Glyceria ischyroneura; manna-grass

イネ科の多年草。日本および朝鮮半島温帯から暖帯にかけて分布し,溝,水辺および湿地に普通にみられる。下部は節のところで曲り,上部は直立して高さ 50cmほどになる。葉は線形で軟らかい。初夏に,茎の頂部に長い円錐花序をなして多数の緑色小穂をつける。各小穂には5~6個の花がつく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドジョウツナギ【Glyceria ischyroneura Steud.】

低地の水湿地によく見るイネ科の多年草(イラスト)。細い茎はやや叢生(そうせい)し,葉とともに無毛で軟らかく,節で曲がりながら立ち上がり,高さは80cmに達する。葉は細い線形で,長さは40cmくらい,幅は5mmほどで質は薄い。5~6月に開花する。円錐花序は散開し,外形は長卵形で,長さは15~40cm,細い枝を分かち,緑色で小型の小穂を多数つける。小穂は長さ5~7mm,3~6個の小花があり,芒(のぎ)はない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドジョウツナギ
どじょうつなぎ / 泥鰌繋
[学]Glyceria ischyroneura Steud.

イネ科の多年草。稈(かん)は高さ約1メートル。葉は長さ約40センチメートル、葉舌(ようぜつ)は幅が長さより長く、膜質。5~6月、稈の先端に円錐(えんすい)花序をつくり、まばらに小穂をつける。小穂は狭長楕円(だえん)形で長さ5~7ミリメートル、3~7個の小花がある。包穎(ほうえい)は短く、護穎は卵形で長さ約2.2ミリメートル、7~9本の脈があり、縁(へり)は透明な膜質。花被片(かひへん)にあたる鱗被(りんぴ)は1枚、多肉質で長方形をなす。小軸は内穎の竜骨に沿ってジグザグ状に湾曲し、小花を連ねる。池畔、水辺に生え、北海道から九州、および朝鮮半島に分布する。名は、ドジョウをとったときに、この茎に刺し連ねて持つのに使ったのでいう。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ドジョウツナギの関連キーワード塩生植物膜質

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android