コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラフト制 ドラフトセイ

2件 の用語解説(ドラフト制の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドラフト‐せい【ドラフト制】

プロ野球で、新人選手獲得の際、抽選によって交渉権を各チームに与える制度。新人選手選択制度。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドラフト制
どらふとせい
draft

プロ野球の選手契約の規定。新人選手選択制度ともいう。「ドラフト」は、本来は徴兵などの意味をもつ。アメリカプロ野球フリーエージェントドラフト制度に由来するが、これはプロ・フットボール選手を抽選によって採用する制度に倣ったものである。契約金のつり上げや、人気のある有力球団に有望な新人選手が集中することを防ぐ制度で、日本も1965年(昭和40)にこの規定をプロ野球協約のなかの「新人選手の選択」(2001年9月に「新人選手の採用」に改正)の条章として制定した。同年秋より、新人選手と入団契約するためには、11月にコミッショナーによって招集される新人選手選択会議(ドラフト会議)で、入札および抽選で決定されることとなった。
 1978年(昭和53)、前年のクラウンライター(現埼玉西武ライオンズ)の1位指名を拒否してアメリカに留学していた江川卓(すぐる)が、協約上自由に契約できる日、いわゆる「空白の一日」に巨人との入団契約をかわし、社会問題となった。
 その後、本来は入団テストの合格者が対象であったはずのドラフト指名を経由しない「ドラフト外選手」の入団が増加した。なかには大学進学を表明してドラフト指名を回避した後に、希望球団と契約する事例も目だち、1991年(平成3)指名枠を拡大する一方で、93年にはドラフトで指名しなかった新人選手の入団を禁止した。同時に、大学進学や社会人入りを表明した選手の指名禁止の申合せも行われるようになった。
 しかし、希望球団への入団がまったく認められないのは人権侵害である、という批判が根強く、1993年(平成5)には大学生、社会人の1位、2位指名選手に限り、入団希望球団の逆指名を認めることとなった。
 このように、運用の方法に関して改良を加えてきたが、人事の決定をくじ引きで行うのは人権無視との批判はぬぐえない。1998年(平成10)には逆指名権をもたない高校生を、希望球団外にもかかわらず指名した球団のスカウトが自殺するという事件が起こった。2001年からは逆指名制度を廃止して「自由獲得枠」制度を導入、1球団2名に限り自由競争による選手獲得を可能にしたが、同制度も高校生は適用外であり、ドラフト制のあり方をめぐっては今後も曲折が予想される。
 なお、近年の日本のドラフトでは指名選手の97%以上が入団するが、これは大リーグのドラフトと比較しても異常な高率であるといえる。また、一度指名を拒否すると、高校生は3年間、大学生は2年間プロ入りができないという制度も改良の余地があるといえよう。[森岡 浩]

その後の動き

2005年(平成17)以降、新人選手選択会議は、高校生を対象とする選択会議と、大学生・社会人ほかを対象とする選択会議とに分けて行うこととなった。また、「自由獲得枠」は「希望入団枠」とされ、高校生を除く大学生・社会人ほかの新人選手を1球団1名に限り事前に獲得できることとしたが、この制度は2007年から廃止された。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドラフト制の関連キーワードALアメリカンリーグアングロアメリカ北アメリカナショナルリーグ日本プロ野球選手会DHプロ野球市岡忠男汎アメリカ主義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドラフト制の関連情報