コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラペリー Draperie[ドイツ]

1件 の用語解説(ドラペリーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドラペリー【Draperie[ドイツ]】

日本でいう衣文(えもん)。英語でドレーパリーdraperyフランス語ドラプリーdraperieという。美術史では彫刻や絵画の人像の着衣に見られるひだのことで,地域や時代によってそれぞれ特色があるが,様式的変化に類似した現象が見られる。たとえば古代ギリシア彫刻の場合アルカイク時代の彫刻に見られるドラペリーは一般にきわめて装飾的で,繊細な平行線が規則的なリズムを守りながら流れ落ちる(アテネのアクロポリスサモス島コレーなど)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドラペリーの関連キーワードドレープドレスダウン疑問代名詞コードレーンメドレーメドレーリレー衣紋サイドフレームノンオイルノンオイルドレッシング

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone