コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラム[drums] ドラム

1件 の用語解説(ドラム[drums]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

ドラム[drums]

ドラム・セットは、ヘッドドラムの皮の面、打面)を叩いて(ショットして)音を出すドラム類と、金属でできているシンバル類の2種類のパーツによって構成されている。ドラム類はスネア・ドラム(S.D.)、タムタム(T.T.)、フロア・タム(F.T.)、バス・ドラム(B.D.)の4種類。シンバル類はハイハット(H.H.)、ライド(Ride)、クラッシュ(Crash)の3種類が基本になる。ドラム類はこの4種類のパーツの間で、相対的な高さの違いによる音程バランスが保たれている。絶対的な音程ではないので、演奏者によって好みのバランスがとられるが、これを“チューニング”という。この音程のバランスは、高いものから順にスネア・ドラム、タムタム、フロア・タム、バス・ドラムになる。一般的なドラム譜ではスネア・ドラムよりタムタムを高い音の位置に書くので、実際の音の高さとの違いを正しく認識しておく必要がある。ドラム類はショットした後の余分な残響を消すためにミュートを施すことが多い。スネア・ドラムとタム類はヘッドの振動を吸収するような布やティッシュペーパーを、ガム・テープでヘッド表面に直接貼り付ける。貼り付ける部位や分量などは演奏者の好みによる。またバス・ドラムの場合は、ヘッドに振動を吸収するものを貼り付ける以外に、胴の中に毛布などの厚い布を入れ、これでヘッドの振動を吸収する方法もとられる。ドラム・ヘッドの材質は、プラスチックフィルムグラス・フィルムなどの化学製品が使用されている。胴(シェル)はメイプルやバーチなどの木製のほか、スチールアルミブラスなどの金属製のものがある。シンバルは胴と錫の合金が使われるのが普通だが、メーカーによってこれに少量の銀などを配合しているものもある。基本的な演奏法としては、木製のスティックや針金を束ねたワイヤーブラシでヘッドやシンバル本体をショットするものだが、まれにはマレット手のひらなどを使うこともある。スティックの材質はヒッコリーオーク、メイプルなどが使われ、それぞれ重さやバランス、粘りなどに違いがある。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
音楽用語ダスについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone