コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドレクリューズ ドレクリューズ Delescluze, (Louis-) Charles

4件 の用語解説(ドレクリューズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドレクリューズ
ドレクリューズ
Delescluze, (Louis-) Charles

[生]1809.10.2. ドルー
[没]1871.5.25. パリ
フランスの革命家。七月革命二月革命に参加。第二帝政下,1860年までイギリスギアナに追放。帰国後ジャコバン派の指導者として機関紙『ル・レベイユ (目ざめ) 』 le Réveilを発行 (1868) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ドレクリューズ【Charles Delescluze】

1809‐71
フランスのジャーナリストパリ・コミューンの指導者。ブルジョアの家庭に生まれ,七月王政下に政治活動を開始する。人民の友協会メンバーとなり,1832年6月の反乱に参加し投獄された。36年ベルギーに亡命したが,40年帰国しバランシエンヌで急進的ジャーナリストとして身を立てた。二月革命が勃発するやこの地で共和制を宣言し,臨時政府ノール県委員に任命された。左翼の結集をはかって,48年11月パリで新聞を発刊して訴追され,50年ロンドンに亡命した。

ドレクリューズ【Étienne‐Jean Delécluze】

1781‐1863
フランスの美術批評家。建築家の息子としてパリに生まれる。ナポレオンの遠征の結果ルーブルにもたらされたギリシアローマの古代彫刻に熱狂した。新古典主義の巨匠ダビッドの弟子となるが,絵画にはさほどの才を見せず,1822年より《ジュルナル・デ・デバ》紙に美術批評を書く。23年から翌年にかけてのイタリア旅行古典主義崇拝はますます確固としたものになり,帰国後は台頭しつつあるロマン主義に対抗して健筆をふるった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドレクリューズ
どれくりゅーず
Louis Charles Delescluze
(1809―1871)

フランスの革命家、ジャーナリスト。1830年の七月革命の直後から共和主義の革命運動に身を投じ、死の瞬間まで、七月王政、第二共和政、第二帝政、第三共和政のブルジョア国家に対する果敢な闘争を展開、逮捕、投獄、亡命の繰り返される波瀾(はらん)に満ちた生涯を送った。
 とくに1848年の二月革命時には、ノール県の政府代表委員となり、のちパリで急進共和派の山岳党の機関紙『民主社会革命』紙の編集にあたり、1853年から1859年まで投獄とカイエンヌ(フランス領ギアナ)への流刑の生活を送り、1868年には『ル・レベイユ』(目覚め)紙を創刊、末期の第二帝政に対する闘争を強力に推進した。1870年、プロイセン・フランス戦争のパリ籠城(ろうじょう)戦中は、第19区長に選出され、国防仮政府の降伏路線と対決、翌1871年3月のパリ・コミューンの革命とともに、コミューン評議会に選出された。4月19日のパリ・コミューンの『フランス人民への宣言』の起草にあたり、外務委員会、執行委員会、軍事委員会を歴任後、5月10日陸軍省代表に選ばれ、パリ・コミューンのベルサイユ政府との戦闘指導にあたった。コミューン末期の「血の週間」最中の5月25日、シャトー・ドー広場(現在のレピュブリック広場)のバリケードの上で壮烈な戦死を遂げた。[桂 圭男]
『桂圭男著『パリ・コミューンの老人と若者と』(1982・誠文堂新光社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドレクリューズの関連キーワードゲード国際ジャーナリスト機構国際ジャーナリスト連盟ビデオジャーナリストジャーナリスティックジャーナリストフォトジャーナリストスポーツジャーナリストパリのジャンパリ・コミューン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone