ドロップアウト(読み)どろっぷあうと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ドロップアウト

データの読み書きの際に、何らかの原因によって、読み書きしたデータの一部が失われてしまうこと。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ドロップアウト(dropout)

[名](スル)
脱落すること。また、管理社会におさまることができなくて、枠の外に抜け出ること。落伍(らくご)。「エリートコースからドロップアウトする」
脱退。中途退学。また、中途退学者。
ラグビーで、防御側が自陣の22メートルラインの後方からドロップキックを行って競技を再開すること。
コンピューターが扱うデータで、読み書きや送受信の際にその一部が失われること。
ディープラーニングなどの機械学習における過学習を防ぐ手法。教師あり学習をする際、入力値と出力値を結ぶ多層ニューラルネットワーク素子の一部を、意図的かつ偶発的に欠落させることを指す。未学習の類似の問いについても正しい答えを導く汎化能力を高めることができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ドロップアウト【dropout】

正規の学業あるいは就業を放棄したまま,正業に就くことなくぶらぶら状態にある者のこと。これが大量現象として出現し,一個の社会問題となったのは,1960年代後半の先進産業社会における青年を中心とした〈対抗文化〉と関係がある。この時期のドロップアウトは,学業や就業への不適応者というよりも,むしろその世界における伝統的な価値体系への積極的な反抗者であり,〈代替的alternative〉価値体系へと志向する者であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ドロップアウト【dropout】

( 名 ) スル
社会から脱落すること。また、学校を中途退学すること。
ラグビーで、防御側が自陣の22メートルラインの後方からドロップキックを行なって競技を再開すること。
長期間の治療が必要とされる患者が、途中で通院(治療)を止めてしまうこと。 → 怠薬たいやく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドロップアウト
どろっぷあうと
dropout

一般的には、なんらかの社会的・集団的活動から脱落すること(または脱落者、落後者)を意味するが、とくに教育制度との関連で、通常の教育コースからの脱落または脱落者をさすことが多い。たとえば中学校における長期欠席(者)、高等学校や大学の中途退学(者)など。したがって、このことばには、もともと、社会的不適応や非行などを連想させる含みがあり、否定的な意味合いで使われるのが普通であった。しかし1960年代後半以降は、先進的産業社会における対抗文化counterculture運動との関連で、むしろ肯定的な意味合いを込めて使われることも多くなった。この場合には、進学競争や出世競争(さらには、その背後にある現代産業社会の正統的価値観)を拒否し、そこから自発的に脱落することによって新しい自由な生き方を試みるという側面が強調される。たとえばヒッピー現象などはその一つの表れであった。[井上 俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ドロップ‐アウト

〘名〙 (dropout) (━する)
① ある社会や体制にうまく適応できなくて、そこから離脱すること。おちこぼれること。
※軽口浮世ばなし(1977)〈藤本義一〉六「ドロップアウトがいいことかどうか」
② 学校を中途で退学すること。
※がらくた博物館(1975)〈大庭みな子〉すぐりの島「ぶらぶらしているドロップアウトの学生を雇ったりもする」
③ 録音テープや磁気ディスクの信号が、一部ぬけ落ちていること。
ラグビーで、タッチダウンした後、またはボールがタッチインゴールに出たときやデッドボールラインにふれるか、こえた後に、防御側が二二メートルラインから行なうドロップキックで競技を再開すること。〔現代語大辞典(1932)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のドロップアウトの言及

【ラグビー】より

…ドリブルdribbleボールをけりながら前進すること。ドロップアウトdrop out攻撃側が防御側インゴールに入れたボールを防御側がタッチダウンした場合,またはボールがデッドボールラインを越えるかタッチインゴールに入った場合に与えられる22メートルライン内からの防御側のドロップキック。その際,キックする側のプレーヤーはボールの後方にいなくてはならない。…

【対抗文化】より

…だが現代におけるカウンターカルチャーは,先進産業社会とくにアメリカにおいて,1960年代から70年代初め,すなわち人種問題の激化,ベトナム戦争の拡大,公害問題の深刻化などを背景とする時代に盛りあがりを見せた,青年の反逆現象ないし〈異議申立て〉のなかで生み出された思想,価値体系およびライフスタイルを指す。合理主義と業績主義に価値を置き,効率と豊かさを追求してきた産業社会の〈体制〉から〈ドロップ・アウト〉した若者たちは,H.マルクーゼのいう,いわゆる〈一次元的な抑圧的寛容〉に覆われた社会の期待する〈役割演技〉から離脱することによって,政治的・道徳的・規範的言語に支配された日常世界の外に出る体験を求めた。〈すべてを権威的把握におしこめてしまう言語からの解放の第一歩は,どこかへ行けば言語の外になってしまうような場所があるという実感をもつこと〉(D.ラミス)だったから,マリファナやLSDなどのドラッグによる〈トリップ〉,ロック・ミュージック,サイキデリック・アート,非正統的な諸宗教が空前の流行をよんだ。…

※「ドロップアウト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドロップアウトの関連情報