ドロノキ(泥の木)(読み)ドロノキ(英語表記)Populus maximowiczii; Japanese poplar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドロノキ(泥の木)
ドロノキ
Populus maximowiczii; Japanese poplar

ヤナギ科の落葉高木。デロともいう。東アジアの温帯に広く分布し,亜高山や深山の開けたところに生える。樹皮はなめらかで暗灰色。葉は広卵形ないし楕円形で微細鋸歯をもち葉脈がよく見える。早春に,枝先に尾状花序をなして多数の花をつける。雌雄異株で,雌木では晩夏に果実が熟する。材木として利用できないほど材が軟らかいのでドロノキの名があり,近縁種ヤマナラシ P. sieboldii心材が白いためシロドロともいわれる。柳箸,マッチの軸木経木などに利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android