コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロノキ(泥の木) ドロノキPopulus maximowiczii; Japanese poplar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドロノキ(泥の木)
ドロノキ
Populus maximowiczii; Japanese poplar

ヤナギ科の落葉高木。デロともいう。東アジアの温帯に広く分布し,亜高山や深山の開けたところに生える。樹皮はなめらかで暗灰色。葉は広卵形ないし楕円形で微細鋸歯をもち葉脈がよく見える。早春に,枝先に尾状花序をなして多数の花をつける。雌雄異株で,雌木では晩夏に果実が熟する。材木として利用できないほど材が軟らかいのでドロノキの名があり,近縁種ヤマナラシ P. sieboldii心材が白いためシロドロともいわれる。柳箸,マッチの軸木経木などに利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドロノキ(泥の木)の関連キーワードヤナギ科

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android