コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドンホイ ドンホイ Dong Hoi

4件 の用語解説(ドンホイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドンホイ
ドンホイ
Dong Hoi

ベトナム中部,クアンビン省の省都。フエの北西約 150km,バクボ (トンキン) 湾の湾口部にのぞむ港町。漁業と沿岸交易の中心地で,米,トウモロコシなどの集散,魚類加工,製材などが行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ドン‐ホイ(Dong Hoi)

ベトナム中部、クアンビン省の都市。同省の省都。南シナ海に面し、港湾をもつ。17世紀に阮朝が築造した砦(とりで)がある。ベトナム戦争時、南方に北緯17度線が通っていたため、米軍の猛攻撃を受けた。近年は海岸保養地として人気がある。西約50キロメートル世界遺産自然遺産)に登録されたフォンニャケバン国立公園があり、観光拠点となっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ドンホイ【Dong Hoi】

ベトナム中部の都市。人口約3万。アンナン海岸に臨み,ドンホイ川河口に位置する。国道や鉄道に沿う交通上の要地であるが,港としては地方的意義をもつにすぎない。17世紀,レ(黎)朝のチン(鄭)氏とグエン(阮)氏が南北に分裂して争ったとき,南のグエン氏は北のチン氏を防ぐために小型の万里の長城といわれた堅固な城壁(長さ18km)をこの地に築いた。現在は若干の金属工芸品生産や沿岸漁業の基地で知られる。【別技 篤彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドンホイ
どんほい
Donghoi

ベトナム中部の港湾都市。クアンビン省(人口79万4000。1999)の省都。ユエの北西155キロメートル、南シナ海に臨む。人口2万2254(1989)。国道1号線と鉄道のハノイホー・チ・ミン線が通じる。産業としては漁業、造船、木彫り、銅細工などがある。町の西方から北方に十数キロメートルにわたり、17世紀に北部に対する防壁として阮(げん)朝がつくった砦(とりで)がある。すぐ南方を北緯17度線が通って南北を分けていたので、ベトナム戦争では重要な軍事基地としてアメリカ軍の猛爆を受けた。[菊池一雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドンホイの関連キーワードアンナン安南語安南都護府安南焼クアンガイタイニンダナンバンメトート安南西沙諸島

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone